現場で奮闘する人々の姿追う 日曜ビッグ「緊急車両24時 第7弾」

★日曜ビッグ「緊急車両24時 第7弾」(テレビ東京、16日午後8時54分)

2016.10.16

 これまた、かなりニッチな番組だ。火災、事故、救急…、現場へ出動する「緊急車両」の知られざるウラ側に密着している。本来は、緊急車両を通して、奮闘する人々の姿を描いているのだが、どうしても車両のほうに目がいってしまうのは、男性はみんなそうなのでは。

 世の中には、さまざまなジャンルの雑誌が出回っている。そういった特定のジャンルを対象とした雑誌の見どころは、もちろん特集記事だったりするわけだが、意外と面白いのが広告。普通の雑誌では見られない商品が並んでいるのだ。

 緊急車両でいうと、消防関係者に向けた雑誌がある。これは大きな書店には置いてあるので、結構、そういうのが好きな人は多いのだろう。この雑誌の広告はしびれることしきり。

 中でも忘れられないのが、大型スクータータイプの消防車両。真っ赤な250ccスクーターに、ガンタイプのホースがついている。それだけでも、もはや“特撮”ワールド全開だが、名前が何と「ミストドラゴン」。

 何とも“秘密兵器”感たっぷりのネーミング。出動命令が出たら、「ミストドラゴン、発進!」と掛け声がかかるのだろうか…なんて余計な妄想がふくらむ。

 改めて調べると、現在はもうベース車両の生産終了に伴って、生産が終わっていたのは残念で仕方がない。

 さて、番組は4つの現場で活躍する緊急車両と人々の姿を追う。

 「横浜市消防局・南消防署」では、3児の母でもある女性消防士に密着。「那覇市消防局」では、高度な救助技術を誇る高度救助隊の現場を垣間見る。

 「阪神高速道路」のパトロール隊は、黄色いパトロール車を駆って、関西都市圏の大動脈である阪神高速で起きるトラブルに立ち向かう。「公立豊岡病院・但馬救命救急センター」では出動件数日本一を誇るドクターヘリの活躍に迫る。心して見てほしい番組だ。 (F)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。