“ゲスの呪い”に音楽業界も震撼 野外フェスが豪雨で“打ち切り”

2016.10.18

ついに音楽業界までも“サゲ”たのか
ついに音楽業界までも“サゲ”たのか【拡大】

 今年の芸能界を揺るがし続ける“不倫”。その火蓋を切ったのが12月のライブを最後に活動を自粛すると発表したゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)だが、実は音楽業界も“ゲスの呪い”に震撼していた。

 売れっ子タレントだったベッキーは(32)は川谷との不倫報道後、一時活動を休止し、レギュラー番組が激減し、CM契約は解約に。

 新たな恋人のタレント、ほのかりん(20)は当時、未成年だった今年8月、飲酒を伴うデートをしていたことが報じられ、レギュラー番組「Rの法則」(NHK・Eテレ)を出演見合わせ。出演予定だった舞台も降板している。

 川谷と絡んだ人物が次々と不幸に陥る現象は、音楽業界でも起こっていた。ゲス乙女は9月、関西で行われた野外フェスに出演。

 川谷は舞台で「(この夏、フェスに)最も早く誘われていたが、その当時は(今のような状況は)想像していなかった」と自虐的発言で会場の笑いを誘っていた。

 だが、ゲス乙女がステージから降りた後、天気が急変。激しい雷雨のため結局、3組のアーティストが出演することなく、8年続く同フェス初の“打ち切り”となったのだ。

 「川谷らは、次の予定があったのか、出演後はすぐさま会場を後にしていました。ただ、打ち切りが決まった瞬間、関係者の間では『ここでもゲスの呪いかよ…』と嘆く声が多く聞かれたようです」(音楽番組関係者)

 ついに本業にまで及んでいたゲス川谷の“呪い”。活動自粛で、音楽業界も平穏を取り戻せるかもしれない。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。