患者に負担をかけないドリルや携帯用点滴 『ガイアの夜明け「医療現場を救う!町工場の“わざ”」』 (1/2ページ)

★『ガイアの夜明け「医療現場を救う!町工場の“わざ”」』(テレビ東京、25日午後10時)

2016.10.23

 日本の企業の最先端の取り組みを紹介する番組。足かけ14年も続いているが、それだけ国内企業がさまざまな分野や、さまざまな世界で実力を発揮しているということではある。

 そんな中でも、日本の繊細な技術を伝えるのが医療関係の企業か。かつての映画「ミクロの決死圏」ではないが、ミクロの世界は日本人の得意とするところだろう。

 以前に痛くない注射針を下町の企業が開発したというニュースがあった。コンマ数ミリという微細な針を金属の板を丸めてつくる、さらに痛くない形状に加工するという気の遠くなるような作業だが、それをやってのけるのが日本の企業だ。

 今回は、患者に負担をかけないドリルと、携帯できる点滴の開発にかける企業を紹介する。

 人工関節を入れる手術で必ず使われる医療用ドリルだが、実は骨の表面が滑りやすく穴を開けづらいという課題があった。そこに目をつけたのが鳥取県西伯郡の企業。

 ステンレスなどの金属に穴を開ける工業用ドリルをつくる企業だが、ここが2年近くかけて、整形外科用のドリルを開発したという。

 さらには、歯科用インプラントを埋め込む際に使うドリルの開発にも取り組んでいるというから頭が下がる。門外漢と諦めず、参入していく姿が中小企業の力強さだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。