『相棒』名脇役の片桐竜次、俳優生活45周年で映画初主演「恥ずかしいですけどね」 (1/2ページ)

2016.10.30

これぞハードボイルドという片桐竜次
これぞハードボイルドという片桐竜次【拡大】

  • <p>映画「キリマンジャロは遠く」</p>

 刑事ドラマ「相棒」シリーズの刑事役で人気のコワモテの名脇役、片桐竜次(69)がデビュー45周年にして、初主演となる映画「キリマンジャロは遠く」(柏原寛司監督)が29日公開された。元刑事で取り立て屋という役どころは、ハードボイルドな生き方そのものだ。

 「恥ずかしいですけどね」と初主演に照れるものの、コルトガバメントを構える姿も実にサマになる。片桐にとってハードボイルドとは何か。このストレートすぎる質問に、「男のやせ我慢だね。感情や言葉を、そのまま、思ったまま出しちゃいけないっていうかね」とニヤリ。

 山口から上京したのは1964年、東京五輪の年。17歳だった。俳優の道に入ったのは22歳。東映所属の俳優集団「ピラニア軍団」の一員として71年にデビューした。

 「当時の撮影所には片岡千恵蔵さんはじめ、名優がズラリ。時代劇が終わりかけ、鶴田浩二さんや高倉健さんの任侠路線になった。やがて『仁義なき戦い』が始まり、小さな役をもらえるようになりました」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。