元石原プロ専務・小林正彦さん死去、武藤まき子氏がしのぶ 何よりも裕さんのために生きた人 (1/2ページ)

2016.11.06

いつも石原裕次郎さんの傍らには小林さん(左)の姿が
いつも石原裕次郎さんの傍らには小林さん(左)の姿が【拡大】

 虚血性心不全のため、10月30日に80歳で死去した石原プロモーション元専務、小林正彦さん。故石原裕次郎さんの支えた大番頭の死を、長年、裕次郎さんを取材してきた芸能リポーターの武藤まき子氏がしのんだ。

               ◇

 昭和の大スター、石原裕次郎さんが“コマサ”と呼んでいた大番頭。「裕さんのためなら怖いことはない」と言っていたコマサさんにとって、2009年の23回忌法要が最後の大仕事となった。国立競技場内に、裕次郎さんが眠る横浜・総持寺の本堂を再現した前代未聞の大イベントに、大勢のファンが駆け付けた。

 裕次郎さんの人柄に男気を感じ、慕い続けてきた石原プロの人たち。喜びも悲しみもわけあい、その統率力は揺るぎなかった。中でも大きな身体で、いつも率先して動き回っていたコマサさん。一見いかついが、笑うとかわいい人は何よりも裕次郎さんありきだった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。