「尻までクリアに…」 大相撲の8K中継にネットで不安の声

2016.11.12

8Kでの中継が行われる大相撲九州場所
8Kでの中継が行われる大相撲九州場所【拡大】

 13日に初日を迎える大相撲九州場所で、8Kスーパーハイビジョン映像での生中継が行われる。大画面でのパブリックビューイングだが「砂かぶりの臨場感」と期待が高まる一方、ちょっと気になる声も聞こえてくる。

 8Kとはハイビジョンの16倍の画素数を持ち、きめ細かい映像と立体的な音声が特徴。画面のすみまでクリアにみえるのでスポーツ中継などへの活用が期待されている。

 どんな放送にも適しているかというと、そうでもないらしい。「4Kでも時代劇ではかつらの羽二重が見えるだけでなく、部屋の隅までくっきりと見えてしまうので、セットの建て込み感が分かってしまうと指摘されている」と民放関係者。「必殺シリーズのような影や暗さが売りの時代劇は4K、8K時代には作れないかもしれない」

 現在、8K放送は受像器が普及していないため、パブリックビューイングが中心だが、大型画面だとより臨場感が高まるという。そこで大相撲だが、ネットでは「砂かぶりで見ている感じが楽しめる」と期待する声が上がる一方、「力士の尻までクリアに見えるのはちょっと…」というネガティブな意見も。

 技術の向上も痛しかゆしである。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。