『この世界の片隅に』好調でのんも再浮上 『あまちゃん』に次ぐ新たな代表作に

2016.11.26

「この世界の片隅に」はのんの新たなスタートともなった
「この世界の片隅に」はのんの新たなスタートともなった【拡大】

  • <p>「この世界の片隅に」はのんの新たなスタートともなった</p>

 アニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が異例の反響を呼んでいる。映画配給・興行を手掛ける東京テアトルの株価が連日大商いとなっているだけでなく、海外進出のためクラウドファンディングまで集まりすぎているという。

 同作の海外進出を支援するためのクラウドファンディングは22日にスタート。目標額の1080万円は翌23日に軽く突破。24日時点で約1800万円を超えている。

 これは主催者も想定外だったようで支援者数の上限を設定する事態に。「この映画自体、クラウドファンディングでパイロット・フィルムの製作費2000万円を集めましたが、8日間で目標を達成し、最終的には約3900万円が集まりました」と映画関係者。

 「この世界−」は第二次大戦下の広島県呉市を舞台に、戦時下の市井の人々の姿を描く。ヒロインのすずを演じたのん(23)も、ネットメディアなどを中心に露出が増えている。

 12日に全国63館で公開されたが、SNSなどで評判が広がり、上映館も26日からは78館にまで拡大。メーン館のテアトル新宿は興収がこの10年間で歴代1位の数字となったように、2週目までで動員数11万人、興行収入約1億6000万円と好調だ。

 「今年は『君の名は。』の大ヒットで、アニメへの関心が高まっていることもいい流れになった。初週こそ30〜40代の男性が多かったが、平日にはシニア層なども足を運ぶなど、幅広い年齢層に広がっているようだ」と前出映画関係者。

 のんにとっても、「あまちゃん」に次ぐ、新たな代表作が生まれた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。