【芸能ニュース舞台裏】登録前なのに…ミヤネ屋、ASKA新曲流し問われる「危機管理能力」

2016.12.12

ASKA容疑者
ASKA容疑者【拡大】

 「ある番組が戦々恐々としています」と情報番組デスクが恐ろしい展開になりそうな事実を耳打ちしてきた。

 「逮捕情報が流れた直後、日テレ系の『ミヤネ屋』が、ASKAが制作したとされる楽曲の一部をオンエアしたんです。テレビ局は、ビートルズだろうが宇多田ヒカルだろうが、ほとんど自由に楽曲を使用することができるし、その使用料は決まっている。JASRAC(日本音楽著作権協会)に登録されているからです。ところがASKAの新曲は登録前。つまりASKAが『使用料は1億円』と言えば対応せざるを得ないのです」

 逮捕劇の際、報道陣の誰かがベンツのエンブレムを壊したこともひどいが、許可なく音楽をオンエアしたことも、制作者側の危機管理能力の欠如としか思えない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。