成宮寛貴氏、夕刊フジに明かしていた「生い立ち」 2丁目では「かわいそうよね」の声も (1/2ページ)

2016.12.13

苦労の末に人気を勝ち取った成宮氏だったが…
苦労の末に人気を勝ち取った成宮氏だったが…【拡大】

 コカイン疑惑報道を受けて、電撃的に芸能界から引退した元俳優の成宮寛貴氏(34)。苦労人として知られる実力派俳優のまさかの幕引き。過去に夕刊フジなどに語っていた言葉から、成宮氏の苛烈な半生をひもとく。

 2週にわたって写真週刊誌「FRIDAY」にコカイン使用疑惑を報じられた成宮氏は、自らの筆で芸能界を去ることを表明した。

 直筆コメントで成宮氏は「心から信頼していた友人に裏切られ」「知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい」と記した。ここで指摘されているのは、同誌に成宮のコカイン疑惑を告発するとともに、成宮氏の性的指向も匂わせた人物とみられる。

 「親友」への不信感をあらわにした成宮氏だが、生い立ちを語るうえで周囲の人間との絆は切り離せない。

 成宮氏は母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、高校進学をせず、弟の面倒をみてきた。2014年5月の夕刊フジのインタビューでは、「人は一人では生きていけないから、あるときは助けてもらったり、あるときは自分が助けたりし合うもの。素敵な人たちが自分の周りにいるから、どんな試練も乗り越えられてきました」と語っている。

 17歳の時に宮本亜門演出の舞台でデビューをしたが、俳優への道を切り開いたのが東京の新宿2丁目だったという。

 東京の新宿2丁目の飲食店に勤める40代の男性によれば「(成宮氏は)2丁目で、ある都内のイベント会社の社長に見いだされ、そのつてで芸能界入りしたと聞いています」という。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。