【発掘!流行り歌 徒然草】野球選手版「自動車ショー歌」 徳久広司「恋のベースボール」(1983年) (1/2ページ)

2016.12.13

2003年には第45日本レコード大賞で吉田正賞を受賞した徳久
2003年には第45日本レコード大賞で吉田正賞を受賞した徳久【拡大】

  • <p>徳久広司「恋のベースボール」(1983年)</p>

 あの娘をペットにしたくって…。小林旭の「自動車ショー歌」(1964年)はユニークな曲だった。コロナ、スバルの国産車からパッカード、シボレーなど外車まで30種は出てくる。映画『投げたダイスが明日を呼ぶ』の挿入歌になりヒットした。当時NHKでは放送禁止だったが、近年は緩和されたようだ。

 同年の「恋の山手線」は「上野のオフィスのかわいい娘」と上野から山手線駅名が出てくる。背景には東京オリンピックとモータリゼーションの発達があった。

 75年、TBS「寺内貫太郎一家2」の中で、カンカン帽をかぶり、腹巻にギターを抱え「北へ帰ろう〜思い出〜抱いて」と流す男がいた。小林旭かと思いよく見ると、この曲でデビューした徳久広司だった。

 歌手でデビューするも1年後には作曲家になり、増位山の「そんな女のひとりごと」、新沼謙治「ヘッドライト」、美空ひばり「おまえに惚れた」といったヒット曲を生んでいた。

 82年の秋の気配が漂う六本木。友人の音楽制作会社社長と防衛庁前の屋台のおでん屋に入った。

 当時カラオケブームが右肩上がりで、面白い企画がないかと雑談していた。屋台から行き交う人達を眺めていると、ありふれた風景だが、ふと流しの徳久が歩いてくるような錯覚を覚えた。

 ちょうどプロ野球談議をしていたせいか、野球選手版「自動車ショー歌」を作ろうとひらめいた。「恋の山手線」「自動車ショー歌」の3部作で、後に編集物もできるとまで考えていた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。