【発掘!流行り歌 徒然草】野球選手版「自動車ショー歌」 徳久広司「恋のベースボール」(1983年) (2/2ページ)

2016.12.13

2003年には第45日本レコード大賞で吉田正賞を受賞した徳久
2003年には第45日本レコード大賞で吉田正賞を受賞した徳久【拡大】

  • <p>徳久広司「恋のベースボール」(1983年)</p>

 誰が歌うかで議論になったが、それはもう徳久しかなかった。

 九州男児で気取ったところがなく、優しい人柄だった。ゴルフをしたこともあるが、実に冷静でマイペース。独特のパターの構え方から打つのも、変えることはなかった。

 その頃、作家とのゴルフはよく行われていたが、作詞家に比べ、作曲家のほうがうまい人が多かったような気がする。彼も実にステディーなプレイヤーだった。

 「あの娘と中尾と有田くて声を掛布で」といった詞ができあがった。

 そして83年、「恋のベースボール」は発売された。大きなヒットにならなかったが、いまでも本人に会うと、「恋のベースボールの人」と言ってくる。ヒットはいろいろな要素が結集したもの。その時いい結果が出なくても企画の核は不変だと思う。時代の要素を取り入れながら再挑戦したい企画の一つだ。

 ちなみに「徳久広司艶歌ベストソング16」のアルバムの最後の曲に収録されている。

 ■獅子丸好(ししまる・こう) 本名・篠木雅博。徳間ジャパンコミュニケーションズ顧問。1950年生まれ。渡辺プロダクションを経て、東芝EMI(現ユニバーサル)で制作ディレクターとして布施明、アン・ルイス、五木ひろしらを手がけた。徳間ではリュ・シウォン、Perfumeらを担当した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。