千葉麗子氏「明らかな言論弾圧」 “パヨク”に抗議殺到でサイン会が急きょ中止

2017.01.08

千葉麗子氏
千葉麗子氏【拡大】

 元祖電脳アイドルの千葉麗子氏が、新著『くたばれパヨク』(青林堂)の出版を受けて予定していたサイン会が急きょ中止になった。抗議電話やFAXが書店に殺到したためだという。関係者は「明らかな言論弾圧で、許せない行為だ」と憤慨している。

 サイン会は12日、東京堂書店(千代田区)で行われる予定だった。抗議電話などは4日から始まり、「差別だ」「本の内容を分かっているのか」などと主張したという。

 千葉氏は6日付の自身のフェイスブックに「楽しみにしてくださってた皆様には、心からお詫びを申し上げます」「明らかな言論弾圧、民主主義の否定であると考えます」と書き込んだ。

 「パヨク」とは劣化した左翼のことで、千葉氏は同書で「日本を貶めることに快感を感じているようだ」と批判している。

 関係者は「警察に被害届を出す。自分たちと異なる意見は認めないという姿勢は許せない」と語っている。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。