ゲスの呪い、まだ止まらない…川谷が楽曲提供のアイドルが活動自粛 ベッキー、SMAPらも“被害” (2/2ページ)

2017.01.11

活動自粛を発表した夢アドの山田朱莉。ゲス乙女川谷の呪いなのか
活動自粛を発表した夢アドの山田朱莉。ゲス乙女川谷の呪いなのか【拡大】

  • <p>ゲスの極み乙女。の川谷絵音</p>

 「夢みるアドレセンス」は2012年に人気ティーンファッション誌「ピチレモン」のモデルを中心に結成された5人組のアイドル。「定期的にライブ活動をしており、人気ロックバンドから楽曲提供してもらうなど順調に活動しているグループ。昨年にはメンバーがのどの不調から音楽活動を休止しています」とアイドル誌編集者。

 そんなグループが注目されたのが、昨年11月にリリースしたシングル「大人やらせてよ」。ゲス乙女の川谷が作詞作曲したものだ。

 「川谷といえば、ベッキーとの不倫騒動と自身の離婚、元タレントのほのかりんの未成年飲酒問題だけでなく、楽曲提供したSMAPの解散など、関わった人たちが何らかの不幸に見舞われたため“ゲスノート”といわれてきた。夢アドも巻き込まれてしまったとささやかれています」と音楽関係者。

 いやはや、おそろしすぎる。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。