新ドラマ主演木村拓哉インタビュー 「ものづくり」を語る (1/3ページ)

2017.01.11

 これまで数々の職業を演じ、その職業に対して、世間が価値観を変えるほど大きな影響力を持つ木村拓哉(44才)。

 今回1年半ぶりの連続ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)で演じるのは、卓越した腕を持つ職人かたぎの外科医だ。木村にとっての“職人”とは何か…アイドル、俳優としてさまざまな物語を紡いできた彼の、2017年、“今”この瞬間を切り取る。

 「今は、スイッチがひとつずつオンになっていっている感じですね。カチッカチッと。例えるなら、飛行機がテイクオフする直前のコックピットかな」

 1月15日スタートの新ドラマの放送を控えている木村拓哉は“その瞬間”に向かう期待感に充ち満ちていた。『A LIFE〜愛しき人〜』は彼にとって1年半ぶりの連続ドラマとなり、職人外科医の沖田一光を演じる。

 「スイッチを入れてくれるのは、脚本の橋部(敦子)さんやスタッフ、共演者のみなさんとのディスカッションや、病院での手術見学、そして糸結びの練習…」

 糸結びとは、手術で縫合や止血のために血管を糸で結んだりする技術。

 「糸を結ぶっていうのは、命を結ぶことなんですよね。これが早く正確にできるかどうかが手術時間にかかわってくるし、予後にも影響する。実際のドクターはこの練習を欠かさないそうです。まさしく、職人ですね」

 木村が思う職人とは…。

NEWSポストセブン

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。