立川談志さん遺品オークションで大量出品の真相 ネット上は大興奮「すげえ」「ファンにはたまらない」 (1/2ページ)

2017.01.19

立川談志の思いがつながっていく
立川談志の思いがつながっていく【拡大】

 先日、ある逸品がネットオークションを出品されて話題を集めた。2011年11月に75歳で死去した落語家、立川談志の遺品が出品されたのだ。それも1点、2点ではなく、160点を超える大量出品。貴重なものも多く、ファンだけでなく、マニアも垂涎の品揃えだった。しかし、なぜ今遺品が出品されたのか。

 ネットオークション大手の「ヤフオク!」で「立川談志ご遺品コレクション」がスタートしたのは今月10日。「ヤフオク!」には161点が出品されたが、いずれも立川談志が自宅で使用していたものや保管していたものだ。

 立川談志といえば、独自のスタイルを貫いて熱狂的な支持を集めたが、一方で多くの貴重な資料で古典の研究を深めるなどこだわりの人でもあった。出品された遺品の数々もそんなこだわりを感じさせるものだった。

 まな板や包丁、グラスからステテコ、懐中時計といった日用品から、生前にファンだと公言していた手塚治虫の漫画セットや収集していたレコード、実は好きだったぬいぐるみなど意外なものまで出品された。

 もちろんネット上は大興奮。「すげえ」「ファンにはたまらない」「貴重すぎるよ」と驚きの声が相次いだのだ。弟子の立川談慶は「うれしいこと。師匠の思い出のかけらが分散されて、それぞれの思い出として生き残ってくれている。もろ手を挙げて賛成ですね」とよろこぶ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。