元SMAP4人独立、ラオックスが支援か 元マネ、関連の新会社代表で中国進出も (1/2ページ)

2017.01.20

 昨年大みそかに解散したアイドルグループ、元SMAPが中国に流出するおそれが出てきた。彼らの育ての親ともいわれる元マネジャー女史が昨年12月、中国資本の免税店、ラオックスの関係者が立ち上げた企業の代表取締役に就任していたというのだ。今年9月にはジャニーズ事務所との契約更新を迎える元メンバーの一部は独立もささやかれ、元マネジャー女史と行動をともにするともみられており、その動向が注目される。

 19日発売の「週刊文春」が、元マネジャーの役員就任を報じた。同誌によると、新会社の会社登記情報では、目的の欄に「日本コンテンツの海外発信事業」「映画製作」といった内容が含まれており、中国芸能界への進出をうかがわせる。

 ラオックスは東京・秋葉原などで家電量販店を展開していたが、2009年に中国の家電量販大手、蘇寧電器の傘下に入った後は、中国人観光客などを対象とした免税店として急成長した。

 ただ、中国人の「爆買い」が一巡した最近では売上高の前年割れが続いている。株価も下落基調だったが、19日朝方に前日比88円高(約12・4%)の800円まで急騰する場面があった。

 蘇寧グループは昨年、イタリアの名門サッカークラブ「インテル・ミラノ」買収のほか、イングランド、プレミアリーグの海外放映権を取得したことも話題となった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。