景観より案内人が目の保養に!? 「久松郁実 旅いくっ! in ニューカレドニア」

2017.01.20

何かと目が離せませんな
何かと目が離せませんな【拡大】

★「久松郁実 旅いくっ! in ニューカレドニア」第3回ゴルフ編(BSフジ、20日午後11時25分)

 わずか5分のミニ番組だが、意外と気になる。数多くの週刊誌の表紙を飾ってきた人気グラドル、久松郁実(20)の初の冠“旅番組”だ。6回にわたって、ニューカレドニアの観光ポイントを紹介する。

 いろんなポイントがある。まずはニューカレドニアというところから。南太平洋に浮かぶフランス領の小島だ。オレンジ世代には「天国にいちばん近い島」という表現が一番わかりやすいのではないか。

 で、思い出すのが、1984年公開の角川映画「天国にいちばん近い島」。原作はエッセイスト、森村桂が66年(!)に出した旅行記だ。84年の公開当時でも、ニューカレドニアは日本人にはなじみの薄い島だった。

 ところが、この映画のおかげでブームが起き、日本人観光客が格段に増えたのだという。番組では、そんなこんなのニューカレドニアを隅から隅まで見せてくれるというから見逃せない。

 豊かな自然と調和した南太平洋メラネシアの文化と、領主国であるフランス文化がまざりあったニューカレドニアでは、時間がゆったりと流れている。まさに楽園という言葉はぴったりの島だ。

 そして、もうひとつのポイントが旅の案内人である久松郁実。身長165センチ、B87・W59・H86のFカップボディーで、表紙になれば雑誌が完売するとまで言われた人気グラドルだ。

 そんな彼女が、ニューカレドニアで楽しむことのできる、ウォータースポーツや乗馬やゴルフに挑戦している。で、何が楽しみかというと、そりゃもちろん、はちきれんばかりのボディーでアクティビティーを楽しむ姿ですよ。

 今週はゴルフ。風光明媚なニューカレドニアのゴルフ場で、ゴルフ歴まだ半年という彼女がまさかの海越えホールに挑戦するという大胆不敵な企画もよろしいんじゃないですか。

 いろんな意味で目の保養になる番組です。 (F)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。