「グッド!モーニング」新キャスターのミス青学が「美人過ぎる」と評判 田中萌アナ騒動で「池上彰の−」も担当へ

2017.01.23

新キャスターの福田成美さん=東京・六本木のテレビ朝日(柳原一哉撮影)
新キャスターの福田成美さん=東京・六本木のテレビ朝日(柳原一哉撮影)【拡大】

  • <p>新キャスターの福田成美さん=東京・六本木のテレビ朝日(柳原一哉撮影)</p>
  • <p>新キャスターの福田成美さん=東京・六本木のテレビ朝日(柳原一哉撮影)</p>
  • <p>新キャスターの福田成美さん=東京・六本木のテレビ朝日(柳原一哉撮影)</p>
  • <p>新キャスターの福田成美さん=東京・六本木のテレビ朝日(柳原一哉撮影)</p>

 テレ朝系「グッド!モーニング」といえば、忙しい朝にぴったりの情報番組として欠かさず見るファンも多いだろう。その朝の顔とも言える新キャスターとして福田成美さん(21)が新たに加わった。

 青山学院大3年で、「ミス青山2016」グランプリにも輝いた美貌(びぼう)から、「美人過ぎる」と早速ネット上でも評判のニューフェースだ。

 ミス青山出身というと、いずれもフリーアナの滝川クリステル、田中みな実らが知られ、その系譜からいえば、福田さんの起用も違和感はない。だが、当人は「アナウンサー学校に少し通った程度。テレビの仕事は全く初めての素人」という。

 「毎日、キャパいっぱいで、全力を出している。アクセント辞典で調べたりとか、とにかくぶっつけ本番なんです」と苦笑交じりに語る。テレビ画面の向こうで笑顔を振りまく見た目とは裏腹に、内心では心臓がバクバクの状態なのだ。

 ■ズーンと落ち込んで…

 「(原稿読みで)噛んじゃったりして、あーっできなかったとズーンと落ち込んで。その失敗をオンエアで見返して、しっかり次に臨んでいます」

 そうして日々修正に取り組むのは、任された仕事はやり遂げなければというやる気が満ちあふれているからこそ。そんな自身を「負けず嫌い」と言い表す。

 夕方には寝始め、午前2時半にスタジオ入りする生活にもようやく慣れてきた。出演前から番組を見ていたが、番組に出るようになってからは、「テレビはいろいろな人がかかわっていることを知り、自分も支えられているという感謝の気持ちが持てるようになった」と率直に明かす。

 ■目の前のことに全力で

 意外かもしれないが、将来について描いていることは全くなく、いま目の前の仕事に全力で取り組むだけだという。今後は、田中萌アナが出演を見合わせていることから、27日から「池上彰のニュース大辞典」を担当することになっている。

 「一生懸命努力して成長していきたいと思っているので温かく見守っていただければうれしいです」。ファンに向けたメッセージを寄せた。(WEB編集チーム 柳原一哉)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。