AKB“楽曲総選挙”でNGTが1位も「ヘビロテ」は圏外!? ファンの“投票動機”内実に迫る (1/6ページ)

2017.01.25

2017年のリクアワで1位を獲得したNGT48/(C)AKS
2017年のリクアワで1位を獲得したNGT48/(C)AKS【拡大】

  • <p>NGT48はベストテンに3曲がランクイン/(C)AKS</p>
  • <p>48グループ総監督、横山由依のソロバラード「月と水鏡」は4位にランクイン/(C)AKS</p>
  • <p>SKE48松井珠理奈のソロ曲「赤いピンヒールとプロフェッサー」は3位に/(C)AKS</p>

 AKB48の“楽曲総選挙”「AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト100」が22、23日の2日間、東京ドームシティホールで行われた。AKB48のシングル「ハイテンション」に付属された投票権、あるいは各AKB48グループモバイルサイトなどから投票を行い、その上位100曲(対象となるのは969曲)をランキング形式でパフォーマンスするというイベント。2017年はメモリアルな10回目となり、今年も多くのファンが会場に詰めかけた。ランキングが発表されるごとにファンが一喜一憂するリクアワ。今年も順位が大きく変動したほか、新しい楽曲が上位に食い込むなど、見どころの多い2日間となった。

 ■1位はNGT48のあの楽曲! NGT旋風巻き起こる

 2日間4公演をかけて100曲を紹介していくという長丁場。最終公演のクライマックス、節目の年のトップには4月12日にシングルデビューが決定したNGT48の「Maxとき315号」(AKB48シングル「君はメロディー」収録)が輝いた。新潟市内のNGT48劇場で2016年1月10日に活動を始め、地道に公演に打ち込んできた彼女たち。メンバーの荻野由佳(17)は人目もはばからず舞台上で号泣。「ウワ〜! とってもとってもとっても嬉しいです……」と言葉を詰まらせ、喜びを爆発させた。まさにここが今年の“クライMax”の瞬間となった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。