異例展開の大河「直虎」視聴率16% キムタク主演ドラマは微減

2017.01.31

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第4話(29日放送)の平均視聴率が16・0%(関東地区)だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 今作は初回から第4回までは、子役が中心となって話が進む異例の展開。主演の直虎を演じる女優、柴咲コウ(35)は次週(第5話)から本格的に登場する。

 また29日に放送された元SMAPの木村拓哉(44)が主演するTBS系「A LIFE〜愛しき人〜」の第3話の平均視聴率は13・9%(関東地区)で前週(14・7%)から微減した。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。