石田純一が“複雑すぎる”家系図を披露!壱成、すみれ、東尾修の反応は? (1/2ページ)

2017.02.23

左から東尾理子、石田純一
左から東尾理子、石田純一【拡大】

 タレントの石田純一(63)と東尾理子(41)が22日、夫妻としてバラエティー番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に出演。2度離婚している石田が“複雑すぎる家系図”を披露するとともに、ファミリーの感動的な絆について明かした。

 冒頭、番組では「不倫は文化だ」発言に代表される石田のスキャンダラスな半生を紹介。稀代のプレイボーイである上、野球解説者である父親の東尾修氏(66)と年齢が3つしか変わらない石田となぜ結婚したのかという当然の疑問がまず理子にぶつけられた。

 すると理子は「一緒にいると楽だからです」ときっぱり。「『これをして』ということもなければ、『これをやらないで』ということもない。本当に自由にやらせてもらっている」と幸せなそうな表情を見せた。さらに理子は「過去があったらから、私が好きな今の石田純一がいる」と話し、結婚前までのできごとや、それまで石田と関係があったすべての女性たちに感謝した。

 スタジオでは、石田家の家系図も紹介された。石田と最初の妻との息子、いしだ壱成(42)や、2人目の妻である松原千明(59)、そして松原との間に生まれた娘のすみれ(26)ら、お茶の間にも知られた名前が並ぶ中、松原の再婚相手であるポールや、その息子オリバーなどの名前も挙がった。

 司会の東野幸治(49)は「誰ですか!?」「東尾理子さんとオリバーは何の関係もない!」と困惑したが、石田は「ポールやオリバーとも会っている」と明かし、「ポールはすみれを本当に可愛がってくれて、めちゃめちゃ感謝してます」と力を込めた。理子も結婚する際に自ら「ご家族にあいさつさせていただきたい」と申し出た上で、松原、すみれらとの食事会を開いたという。その後も年に数回は皆で集まっていることが語られると、スタジオからは「素敵な関係!」という感嘆の声が漏れた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。