嵐・櫻井のジュニア時代の“とがり具合”をヒロミが暴露!「ファッションヤンキーみたいだった」 (1/2ページ)

2017.03.04

ヒロミ
ヒロミ【拡大】

 嵐の櫻井翔(35)と有吉弘行(42)がMCを務めるバラエティー「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)が2日放送され、タレントのヒロミ(52)がゲスト出演。櫻井ほか嵐メンバーのジャニーズJr.時代のエピソードを披露した。

 1998〜99年にかけて放送されたジャニーズJr.の冠バラエティー「8時だJ」(テレビ朝日系)でMCを務めていたヒロミはまだ10代だった嵐やタッキー&翼、関ジャニ∞らのメンバーと番組で共演していた。今回、特に親交の深かったという滝沢秀明(34)、櫻井、相葉雅紀(34)、松本潤(33)、二宮和也(33)、生田斗真(32)について、当時のエピソードを明かしながら「良いやつランキング」と「腹黒ランキング」で順位付けした。

 まず「良いやつランキング」の第2位から発表された。ヒロミは生田をあげ、「当時小さくてかわいくて、よくいじっていたのよ」と理由を説明し、「プライベートでもたまに飲んでいる時に会う」と笑顔で告白した。続いて、第3位に選んだのは松本。「当時から可愛らしくて、スター性がある子だった」と語るヒロミ。しかし「今もたまに電話がかかってきたり、たまたま飲むところで会う。(でも会うと)めんどくさいのよ」と付け加え、仕事終わりでも、深夜遅くになっても飲みに付き合わされるという不満をぶっちゃけ、会場の笑いを誘った。

 第4位には相葉をあげ、「アイドルにはなるけど、まさかスーパーアイドルにはならないだろうと思っていたのに、本当にスーパーアイドルになっちゃったね(笑)」と茶化しながら相葉を褒めたヒロミ。そして当時ヒロミが番組で相葉のことを“スーパーアイドル相葉ちゃん”と呼んでいたことが話題になり、櫻井が「相葉は“相葉ちゃん”と呼ばれることが多いのは、Jr.時代にヒロミさんが最初にそう呼んだから」と補足し、共演者らを驚かせた。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。