【発掘!流行り歌 徒然草】水瀬あやこ、バニラビーンズの「デビュー」は数奇な巡り合わせ (1/2ページ)

2017.03.28

水瀬あやこ
水瀬あやこ【拡大】

  • <p>地道にファンを広げているバニラビーンズ</p>

 僕がデビューからかかわった歌手が2組いる。

 一人は水瀬あやこ(36)。9歳だった1989年、TBSドラマ「美空ひばり物語」の子役オーディションで選ばれた。彼女の母親が大のひばりファンで幼少の頃からひばりの歌を聞かせたそうだ。

 カンカン帽を被り「銀座カンカン娘」を歌う彼女の姿をテレビでみて、その歌唱に驚いた。演歌歌手の前座で歌うのも聞いた。公演後、おばさんが彼女に殺到した。声質もしぐさもそっくりだから生き写しのように思えたのかもしれない。

 大阪の高校を卒業し、埼玉大学に入ると歌手を目指した。所属事務所のスタッフが、当時世界的人気を誇る英国のアシッドジャズバンド、インコグニートの中心メンバー、ブルーイに彼女のデモテープを聞かせると、プロデュースを申し出たため、英国で全曲英語のアルバムを完成させた。

 幸先いいスタートに思えたが、諸事情でお蔵入りした。ようやく2002年に「TRY AGAIN」でデビューし、7枚のシングルを発売したが泣かず飛ばず。歌謡曲に転向し所属事務所も芸名も変えた。バイトをしながら歌手を続け、昨年は久しぶりのシングル「追想」を発売、ラジオのパーソナリティーをしながら頑張っている。

 もう一組はアイドルユニット、バニラビーンズだ。彼女らの誕生もめぐり合わせである。

 業界の懇親会で知り合ったプロダクションの社長と意気投合し、時間が合えば頻繁に会うようになっていた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。