【歌い継ぐ昭和 流行り歌 万華鏡】中三トリオ 成熟の淳子、歌の昌子、未熟な百恵…読みが外れた3人の成長  (2/2ページ)

2017.04.07

新しいアイドルだった桜田、森、山口(左から)の中三トリオ
新しいアイドルだった桜田、森、山口(左から)の中三トリオ【拡大】

 彼女たちはスターになっていくが、女として日増しに進化したのは百恵だった。大人の女に進化する過程を楽曲で表現していった。ぽっちゃり娘が徐々に美しくなるのを目のあたりにした。そのあたりの読みがまるでできなかった。

 後年、3人はそれぞれの道をたどるが、少女から大人の女性、結婚、引退となった百恵は実像と虚像を歌に反映しながらスターの幕を閉じた。

 僕はオーディションをする側になるが、今が旬のものと、時間を掛けながら大成していくものとの見極めをしっかりすることが大事だと教えられた。経験、年齢を重ねて見えてきたものがある気がする。

 ■篠木雅博(しのき・まさひろ) 徳間ジャパンコミュニケーションズ顧問。1950年生まれ。渡辺プロダクションを経て、東芝EMI(現ユニバーサル)で制作ディレクターとして布施明、アン・ルイス、五木ひろしらを手がけた。徳間ではリュ・シウォン、Perfumeらを担当した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。