オードリー若林が乃木坂46生田を指名!「芸人ドラフト会議」で笑いのセンスを絶賛 (1/2ページ)

2017.04.16

「オードリー」の若林正恭
「オードリー」の若林正恭【拡大】

 13日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、2年ぶりの「芸人ドラフト会議」が行われ、オードリー・若林正恭(38)が乃木坂46の生田絵梨花(20)を指名し、スタジオを沸かせた。

 この日のドラフトには、若林のほか、ヒロミ(52)、チュートリアルの徳井義実(41)、メイプル超合金のカズレーザー(32)が参加。自分がメーンの冠番組を考案し、その出演者をプロ野球のドラフト会議のやり方で決めていった。

 若林は仮想新番組「愛想はないけど…若ってちょーだい」の7人目(7位)の出演者として生田を指名した。意外な角度からの人選に番組出演者から驚きの声があがった。

 若林は生田指名の理由についてまず「(5位のバイきんぐ)西村(瑞樹)さん、(6位のとろサーモンの)久保田(和靖)さんの臭みを取らなきゃという…」と切り出し、「ローリエみたいな感じで入れてみた」と説明した。

 そして「きれいですし、『しくじり先生』で多岐川華子さんの授業の時に『教科書をビリビリに破きたい』とか言ったりして、それがドカンと受けた」と述べ、まず清楚な見た目とは裏腹の意外な辛口コメントを賞賛。さらに「それが、戦略のニオイがしないんですよ、『毒舌でいく!』みたいな」と付け加え、生田のナチュラルなたたずまいをたたえた。

 また若林は3位にフリーアナウンサーの高橋真麻(35)をアシスタントに起用するべく指名した。「進行が外れたら、戻すようにパスを出してくれたり」と彼女のトークスキルを褒めながら、「そ、そんなにあの〜、美人では…」と言葉を濁しながら、美人過ぎないビジュアルだから自身が緊張しないと説明した。

 このコメントにコミッショナーの有吉弘行(42)は「ブスのデカパイ」と強烈。有吉は高橋と「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)で共演しており、高橋の父で俳優の高橋英樹(73)から「どんどんオッパイもんでください!!」と言われたとニヤニヤしながら明かした。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。