体操・白井選手は次世代のエース!楽しく高みを目指す“ひねり王子”に密着「アキレアの橋」 (1/2ページ)

★「アキレアの橋〜2020遥かなる東京へ〜」第13回体操・白井健三(BSフジ、23日午後7時)

2017.04.22

白井選手は次世代のエースだ
白井選手は次世代のエースだ【拡大】

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを目指すアスリートたちに密着し、彼らの今を描き出すドキュメンタリー。プレゼンターはアトランタ、シドニー、アテネで3連覇を成し遂げた柔道家、野村忠宏だ。

 今回は、体操の白井健三選手が主人公だ。白井選手というと“ひねり王子”の愛称でもよく知られるように、床運動で難度の高い独自の技を次々と生み出している。まあ、よく目が回らないものだと驚かされるほどのひねりっぷりだ。

 番組では、そんな白井選手の日常に密着している。そこに描き出されているのは、世界の頂点でしのぎを削る厳しい世界…のはずだが、鉄棒や平行棒などで練習する白井選手の姿は、まるで道具とじゃれているようにさえ見えてくる。

 その姿はまるで少年のようだ。まだ二十歳なのだから少年っぽくて当たり前なのだが、体操をしているというより、うれしそうに飛び跳ねている感じなのだ。

 世界で戦うトップアスリートなのだから、そのプレッシャーたるや相当のものだろう。凡人には到底思い及ぶものではない。先日、引退を表明した女子フィギュアスケートの浅田真央選手だって、ソチ五輪で頂点に立った男子フィギュアの羽生結弦選手だって、死ぬほど繰り返し練習しているのにプレッシャーのあまりミスをする。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。