AKB岡田奈々がニセさんまに一言!16期生のリアクションに先輩の大家がお手本!

2017.04.27

岡田奈々
岡田奈々【拡大】

 25日深夜の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、16期生らAKB48をターゲットにしたドッキリ企画が放送され、AKB48メンバーが問題行動を連発させた。

 ドッキリはニセの大物芸能人の楽屋へ挨拶に行くというもので、ビートたけしに扮したビトタケシ(54)、明石家さんまのものマネで人気のほいけんた(51)らがメンバーの前に立ちはだかった。

 16期生の田口愛佳(13)はビトの楽屋を訪問。そこでクエン酸入りの“劇すっぱ”いなり寿司を振る舞われたが、強烈な酸っぱさに耐え「美味しいです…」とポツリ。せき込みながらも、1個をまるごと口に入れる根性を見せた。

 そんな田口から「クソガキ」と評された播磨七海(12)もビトのもとへ。田口同様、酸っぱいいなり寿司を勧められるが、こちらは素直に「酸っぱい!」を連呼。ピュアなリアクションでVTRを見ていたメンバーを笑わせた。

 大御所からマズい食べ物を勧められた時、先輩メンバーならどうするのか?MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔(36)が「大家(志津香)やったらどうする?」と質問すると、彼女は「美味しいです。またぜひ食べたいです。連れて行ってください」とベテランらしいコメント。芸能界を生き抜く処世術を後輩たちに示した。

 また岡田奈々(19)もドッキリを仕掛けられ、ほいの楽屋を訪問した。真面目な彼女のだけにどんなリアクションを取るのか注目されたが、入室30秒で「さんまさんにご挨拶しにきたんですが…ご本人ではない」と見抜き、ドッキリ終了。ほいもすかさず「それを言っちゃあダメダメ」とさんまのギャグで返し、番組を盛り上げた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。