香川照之の土下座再び!? 好調『小さな巨人』に『半沢』ダブらせる視聴者「最後にはやっぱり…」

2017.04.28

長谷川(左)と香川の対決に注目だ
長谷川(左)と香川の対決に注目だ【拡大】

 視聴率も好調なTBS日曜劇場「小さな巨人」。警察組織内の確執や暗闘を描き出す硬派なドラマだが、ネット上ではあのヒットドラマとダブらせている視聴者も多く、早くもあのシーンの再現を期待する声が相次いでいるのだ。

 ドラマは、俳優の長谷川博己(40)演じる捜査1課の刑事が、組織内の確執から所轄署に配属されるも、自らの正義を信じ、悪と戦っていくという警察エンターテインメントとなっている。

 視聴率も初回13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進し、第2話も13.0%と高視聴率を維持している。

 そして多くの視聴者の関心を集めているのが「捜査1課長」の小野田を演じる香川照之(51)の存在だ。「伊與田英徳プロデューサーと福澤克雄監督のタッグとあって、多くの視聴者がTBSのヒットドラマ『半沢直樹』とダブらせています」(テレビ誌記者)

 そのせいか、ネット上では早くも「小野田の土下座が早くみたい」「最後にはやっぱりやるんだろ」と、半沢のラストで香川がみせた全力の土下座を期待する声が高まっているのだ。

 ドラマはこれからさらに謎が深まっていく。どんな形でエンディングを迎えるのか。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。