“話術師”バンバンの「いちご白書をもう一度」誕生秘話 BS朝日『ザ・インタビュー』 (1/2ページ)

★「ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜」(BS朝日、13日午後6時)

2017.05.13

ばんば(右)とインタビュアーの舘野晴彦
ばんば(右)とインタビュアーの舘野晴彦【拡大】

 今回のゲストは、歌手のばんばひろふみ。番組では、起死回生のヒット曲「いちご白書をもう一度」の誕生秘話などを明かしている。

 ばんば(以下バンバン)には、柔らかい京都弁と心地よい声、そしてラジオのパーソナリティーとして鍛えられた巧みな話術があるので、番組が面白くならないわけがない。

 その面白さは番組を見ていただくとして、バンバンといえば、谷村新司との文化放送「セイ!ヤング」が一番知られるところだろう。だが関西出身の記者としては、チンペー(谷村の愛称)とバンバンのコンビならば、やはり「MBSヤングタウン金曜日」なのだ。

 ここからは80年代に関西地区で中高校生だった方向けになってしまうが、当時のヤン金(ヤングタウンは通称“ヤンタン”。その金曜で“ヤン金”というわけ)は、聞いていないと翌日(当時の土曜はまだ半ドン)の話題についていけないほどの人気だった。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。