小林麻耶、ブリッ子貫く姉の強さ「妹が笑う時間が増えたら」 “婚活ネタ”もしっかり披露

2017.05.30

  • ブリッ子で居続けることも本当はつらいはず
  • 囲み取材で結婚の事を聞かれ困惑する小林麻耶(撮影・今野顕)
  • 本をPRする小林麻耶(撮影・今野顕)
  • 本をPRする小林麻耶(撮影・今野顕)
  • 本をPRする小林麻耶(撮影・今野顕)
  • ファンとハイタッチする小林麻耶(撮影・今野顕)

 フリーアナウンサーの小林麻耶(37)が姉の強さをみせた。27日、東京都内で自著の出版記念イベントを行ったが、最後まで自身のキャラである“ブリッ子”を貫いたのだ。そこには乳がんで闘病中の妹、小林麻央(34)を姉として気遣う矜恃があった。

 このイベントは昨年5月に予定されていたが、体調不良のため、1年越しの開催となった。報道陣からの取材にも、小林はいつもの“ブリッ子”笑顔で対応。

 それでも自身の体調だけでなく、妹の体調のことも言及。「本当に妹はすごいなと、強いなと思います」と語り、「私たち家族は支える立場なのに、いつの間にか妹に引っ張ってもらうような。妹が常に明るいので救われています」とも。

 時折、言葉に詰まる場面もあったが、笑顔を見せ続ける麻耶。かつての定番だった“婚活ネタ”もしっかりと披露。男性のタイプを聞かれ、「癒やし系の方で話を聞いてくれる方」と答えるも「あっ、イケメンがいいと言ったほうがネットニュースは拾いやすいですね」と笑いを取った。

 イベントは終始笑いが絶えないものとなったが「笑いは免疫力がアップする。思いっきりブリッ子を演じて、妹が笑う時間が増えたら」とも。

 「妹の見舞いには毎日通っているそうです。麻央のブログにもその様子がたびたび投稿されますが、写真に写る麻耶はいつも笑顔。麻央もそれが癒やされるとつづっています。心労のあまり、体調を崩しましたが、それでも麻央の負担にならないように笑顔を見せ続けているんです」と芸能関係者。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。