あゆヘソ出し、小室懺悔…a−nationライブ

2009.08.24

 エイベックスが主催する音楽イベント「a−nation’09」が23日、東京・調布市の味の素スタジアムで行われ、TRF、倖田來未(26)、河村隆一(39)、東方神起ら人気アーティストが出演した。

 7年連続でトリを務めた浜崎あゆみ(30)は、ヘソだしの赤のパンツスタイルで登場。上半身裸で黒のマスクを付けた男性ダンサーに囲まれ、妖艶な姿を見せた。

 イベント初日の22日には、著作権譲渡をめぐる詐欺罪で5月11日に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた音楽プロデューサーの小室哲哉(40)が、判決以後初めてファンの前に登場。1995年のデビューイベントと同じように白の衣装で現れ、ソロでヒット曲をピアノ演奏した。その後、ファンへ向けて38秒間、頭を下げて謝罪。さらに、妻のKEIKOともglobeのヒット曲「FACE」などを披露し、ファンを喜ばせた。

 小室の復帰と同時に、globeの楽曲の着うた配信が再開された。エイベックスが運営する「ミュゥモ」の着うたランキングベスト10(24日朝8時半現在)では、さっそく「FACE」が4位に付けたほか、上位100曲中に25曲以上がランクインしている。

 

注目情報(PR)