「わいせつ性無い」日本映画史上初“無修正”出産シーン

2009.10.08

 実際の出産シーンを無修正で上映する劇映画が10日に公開されることがわかった。映画倫理委員会(映倫)は当初、モザイク処理での上映としていたが配給会社の強い要望で再審査し、「R18+(18歳未満観覧禁止)」の指定付きで無修正公開を許可。出産シーンが無修正で上映されるのは日本映画史上初となる。

 この映画は、第30回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)や釜山国際映画祭でグランプリを受賞した「無防備」(市井昌秀監督)。プラスチック工場で働く主人公の主婦が新人の妊婦の指導をするうちに自分の不幸な人生を振り返り葛藤する、という内容。クライマックスで、市井監督の妻で妊婦役の女優、今野早苗が出産するシーンが克明に撮影されている。

 昨年7月、PFFのコンペティション部門に出品された際、映倫は出産シーンにモザイク処理することで上映を許可。しかし、劇場公開に伴い、無修正での上映を望んだ配給会社のエスピーオーが再審査を申し出た。

 映倫は「出産シーンの審査は前例がない」と難色を示したが、年少者映画審議会も加えた全委員21人が改めて映画を観賞した結果、「わいせつ性は認められない」と判断。ただし、「大人向けの作品で極めて刺激的な出産場面」との理由でR指定とした。

 エスピーオーは「修正個所がある状態での上映は本意ではない。『完全バージョン(無修正)』での上映が可能ということが最優先事項と考え、制限指定を受けた。指定を受ける作品かは多くの観客自身の目で確かめてほしい」と話している。「無防備」は東京・シネマート新宿などで全国順次公開される。

 

注目情報(PR)