【LA発芸能WATCH】マイケル「THIS IS IT」の奇跡 (2/2ページ)

2009.11.04

 今年4月から死の直前まで100余時間分の同コンサートのリハーサル風景が録画されていたのは、運命だったのか。監督はそれを2時間弱のドキュメンタリー映画「This Is It」に仕上げた。10月27日に世界17カ所でプレミア試写会が行われ、110カ国で公開。メガヒットを続けている。 

 映画評の第一報は、まず女優のエリザベス・テーラーのツイッターでもたらされた。「今まで見た最高の映画だった」 

 リズがマイケルの親友だったことを割り引くと、過大評価に思えた。しかし 「Must see movie」(絶対見るべき映画)と評論家が語るに及んで、アカデミー賞の声すら上がってきた。

 公開2日目にロスの自宅近くの小さな映画館で見た。予想をはるかに超える出来。感動した。映画ではマイケルの再起をかけた真剣なリハーサル風景が、鮮明に映し出される。  

 熾烈なオーディションで選ばれた20歳前後の若いダンサーたちに振り付けを教える、50歳のマイケルのムチのようなしなやかな体と見事な足さばき。ダンサーたちも“神”と崇めるマイケルの期待に応えようと必死だ。プロの仕事にほとばしる緊張感。

 マイケルは音楽監督に何度もダメを出す。しかし、決して声を荒らげない。あくまでささやくようなソフトボイス。そして「アイ・ラブ・ユー」「ゴッド・ブレス・ユー」と微笑むことを忘れない。本当に繊細で優しい人だったのだ。そして、名曲「ビリー・ジーン」の熱唱。泣けてくる。

 フレッド・アステア以来と称されたダンサーとしての才能。最高のエンテイナーだったマイケルが見せる、実現することのなかった華麗なステージの片鱗に、失ったものの大きさを知る。

 アメリカのマスコミはマイケルをバッシングし続けて来た。誤解されることも多かった。今にして思えば、肌が白かろうが、整形手術の失敗だろうが、どうでもよかったのに。  

 映画館では観客が、固まったまま動かないのに気づいた。完全に魅了されている。これがマイケルとの今生の別れ。一挙一動見逃すまい、としているようにも思えた。

 ロスの上映会で兄ジャーメインが絶賛した。「彼の仕事を世界と分かち合うこと。これこそマイケルが望んでいたことだ」と。

 この映画で直接には“死”は描かれていない。そこにあるのはマイケル・ジャクソンという、希有のアーティストの“生”への賛歌だ。(板垣眞理子)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。