【LA発芸能WATCH】サンドラ・ブロック熱愛同性キスの理由 (2/2ページ)

2010.01.20

 これは15日に行われた米放送映画批評家協会賞授賞式での一幕。3月に行われるアカデミー賞の前哨戦のひとつで、主演女優賞が「ジュリー&ジュリア」のメリルと、「しあわせの隠れ場所」のサンドラの共同受賞となった時のことだ。

 最初にメリルが選ばれ、2人目として後から舞台に上がったサンドラはメリルを指差し「ブルシット」(バカにしないで)!」と汚い放送禁止用語で罵り、ニラミ合いに。もちろん即興のジョークだが、息のあった演技で、その後2人はしっかと抱き合って熱い同性キスを披露し、喝采を浴びていた。

 かたや名優として尊敬を集める授賞の常連メリル。かたや今まで賞取りレースとも“名作”ともほぼ無縁だったサンドラ−という2人の組み合わせだけに、サンドラのユーモア感覚は絶妙だったといえる。

 それにしても去年はサンドラの当たり年だった。夏に大ヒットしたコメディー「あなたは私のムコになる」の興行成績は、全米だけで163ミリオンドル(約146億円)。現在も大ヒット中の「しあわせの隠れ場所」は200ミリオンドルを超え、これは女優主演の映画としては史上初の快挙。“最も興行収入が見込める”ドル箱No.1にも輝いたが、女優のトップは8人目11年ぶりの吉報となった。

 さらに今月6日に行われた一般人の投票で決める「ピープルズ・チョイス・アウォード」では、“最も好かれる女優”賞を受賞。

 しかし成績、人気でトップに躍り出たサンドラだが、過去出演作品にはあまり恵まれず、口うるさい映画評論家から「次から次へと駄作ばかりに出ている」と陰口をたたかれてきた。それでも人気を保って来たのは、彼女の明るく気さくな人柄と親しみの持てる美貌のおかげなのだが、残るは演技者としての評価。

 やっと今回の批評家賞受賞で、厳しい専門家からお墨付きをもらったわけだ。

 しかもあのメリル・ストリープと共に授賞しただけに喜びもひとしお。授賞スピーチでは「評論家が私を認めるなんて思わなかった。もう二度とないだろうけど」とチクリ皮肉で笑わせる余裕も。その後「苦しんでいる人が大勢いるこの時期に、ここにいる私たちは幸せ。愛の手をさしのべよう」とハイチ地震の被災者を思いやり、共感を呼んだ。翌日にはポンと1ミリオンドル(約9000万円)を国境なき医師団に寄付している。

 17日に開かれたゴールデン・ブローブ授賞式でも見事、ドラマ部門で主演女優賞を獲得。45歳にして開いた大輪の花。今年も作品に恵まれることを期待しよう。(板垣眞理子)


【バックナンバーはこちら】

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。