元ミニスカポリス宮内知美の美脚全開!「後ろから前から」

2010.03.05

 「ロマンポルノ・RETURNS」第二弾として2月27日から公開されている映画「後ろから前から」の増本庄一郎監督、主演の宮内知美らによるトークショーが、東京・渋谷のユーロスペースで4日夜、行われた。

 トークショーは増本監督からの質問に宮内が「YES・NO」で答える形式でスタート。

 「役作りはしたの?」の質問にためらわず「NO」の札を上げる宮内に増本監督思わずズッコケるも、「ヌードシーンで恥ずかしくないよう、ボディケアはしっかりしてきました」とのコメントに納得の表情。

 「『後ろから前から』といえば、畑中葉子ではなく宮内知美だと思う?」との質問には「YES!たくさん取材を受けて、どんどん宮内知美の『後ろから前から』が浸透していけば、とも思ってます」と自信の回答。

 さらには「『寅さん』のようにシリーズ化して欲しい!主人公はタクシードライバーなので、全国各地を回ってその土地土地で世直しをしていくとか」と長期シリーズ化への野望も!?

 制作期間わずか5日間、30時間以上ぶっ通しの撮影もあったというハードスケジュールだったようだが、その分、監督、出演者とも出来上がりには満足の様子で「みなさんが想像されてる“ロマンポルノシリーズ”とは少し内容は違うかもしれませんが、どうしても見て欲しいシーンがあります。これは、見てもらえれば絶対わかりますよ!」と笑顔で締めくくった。

【ストーリー】

 営業成績がまったく振るわなかったタクシー運転手の桃子(宮内知美)は、同僚の乱子(琴乃)と“女の武器”を使う秘策で、成績をグングン上げていく。

 ところが、それが会社にバレてクビに。売春容疑で警察に追われタクシーで逃走する桃子は、最後に怪しい客・町田(金橋良樹)を拾う。ガス欠になったタクシーを捨てて道中を行くうち、自然に求め合う2人。驚愕の過去が2人を結びつけているのも知らずに…。

 宮内知美のミニスカ美脚が大全開、俳優としても活躍する新鋭・増本庄一郎監督が「後から前から、どうぞ!」の名曲に乗せて送る、ロマンポルノ・コメディー路線を大復活させるロードムービー。

 3月12日(金)まで、ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1−5 文化村前交差点左折)にてレイトショー公開中。

 公式サイト http://www.roman−returns.com/

【スタッフ/キャスト】

 監督・脚本:増本庄一郎

 出演:宮内知美、琴乃、聡太郎、金橋良樹、街田しおん、木下ほうか

 製作:「ロマンポルノ・リターンズ」製作委員会

 

注目情報(PR)