EX大衆×ZAKZAKEX大衆×ZAKZAK

■高橋胡桃連載Vol.3 現役アイドルの話を聞こう〜佐藤優香(フラップガールズスクール)編〜

2016.04.19

(左から)高橋胡桃と佐藤優香

アイドルグループ・アイドリング!!!を卒業後、舞台女優を中心とした新たな道へと進んだ高橋胡桃の連載第3弾。
この連載は、くるみんが業界の様々な人物の話を自ら聞きに行き、新たな発見や刺激を通して、タレントとしても、一人の女性としてもスキルアップすることを目的に行います。
今回は、目の整形を公言した史上初の現役アイドル・フラップガールズスクールの佐藤優香(ゆかっぴ)が登場。整形の他に、「ギャル語で九九を披露」「頭(ず)楽器」など、他のアイドルとは一線を画す彼女の個性を紐解いてきました。(企画・構成/豊田隆二)

【写真】アザーカットはこちら

◆佐藤優香は、これまで会ったことのない“パンチの強いアイドル”

佐藤:はじめまして、まぶたのおさいほうで一世を風靡している“ゆかっぴ”こと“ホワチャー優香”です!よろしくお願いしま〜す。

高橋:よろしくお願いします(笑)。

佐藤:実は、もともとくるみんさんの事は知ってて、中学1年の時かな?ワタナベエンターテインメントさんの「真夏のガールズオーディション」でグランプリになった時、「すごく可愛いね」って、友達と騒いでたんです。だから今日、対談できるのがすごく嬉しくて。

高橋:嬉しい〜。ありがとうございます。あれから7年越しに出会えた感じですね。今日は、はじめましてなのでいろいろ聞いていきたいんですけど、まず、プロフィールに書いてある趣味は…「暴れる」!?

佐藤:はい!

高橋:最初、読み間違えたのかなって思ったんですけど(笑)。

佐藤:暴れるのが大好きで、つい手が動いたり、ぴょんぴょんしちゃうんです。お家でもハードル走をしたり、暴れて壁に穴を空けたりします。あと、特技は「めげない」です!頭が楽器になるんですよ。「頭楽器」って言うんですけど、頭を木魚代わりにして般若心経を唱えるんです。そのネタをやる時、私はめげないんです!

(左から)高橋胡桃と佐藤優香

高橋:なるほど、心が強いってことですね(笑)。それは、どういう時に披露するんですか?

佐藤:ワンマンライブ内の「ホワチャー漫談」というコーナーとかでやります。

高橋:インパクトがすごくあっていいですね(笑)。年齢は?

佐藤:19歳で、胡桃さんと同い年です!

高橋:えー!?同じなんだ。

佐藤:胡桃さんは大人っぽいです。

高橋:私が大人ですか?

佐藤:今年で20歳になりますけど、私は子どもです。

高橋:優香ちゃんは、お酒を買いに行った時、年齢確認で止められそう(笑)。小さい頃から、このキャラクターだったんですか?

佐藤:人間は生まれる前は粉だったんですけど…。

高橋:えっ、粉!?

佐藤:私は14歳くらいまでは今とは違う粉だったんですけど、その粉が全部飛んでいって、新しい粉が降ってきて、生まれ変わったんです。

高橋:新しい粉!?どういうことですか?

佐藤:生まれる前は粉で、その後は液体ぽい感じで、大人になるとみんな固体になるんです。中学生くらいは水なんですけど、私は粉だったんです。

高橋:へ〜…すごい。。。

佐藤:今は、水になってきて固まってきてる感じです。

高橋:おとぎ話っぽいですね、妄想とかしますか?

佐藤:大好きです。妄想とか、ストーリーを考えるのが好きで。

高橋:「私は粉なのに、なんで血が出るんだろう」とか思いません?

佐藤:人間だから、血は出ます!

高橋:そこは人間なのか〜。難しいな〜(爆笑)。休みの日は何してるの?

佐藤:公園で、木の棒を使って遊んでます。

高橋:野性的(笑)。何してる時が一番楽しいですか?

佐藤:いつもすごく楽しいですけど、暴れてみんなが笑ってくれた時が楽しいです。

高橋:今までの話を聞く限り、パンチの強いアイドルですね(笑)。アイドリング!!!にも、私のお友達にもいない感じで、アイドルという職業に相応しいキャラなのかなって思います。夢の世界にいるからこそ、夢を与られるというか(笑)。

このニュースのフォト

  • (左から)高橋胡桃と佐藤優香
  • (左から)高橋胡桃と佐藤優香
  • 佐藤優香
  • 高橋胡桃
  • 佐藤優香
  • (左から)高橋胡桃と佐藤優香
  • 高橋胡桃
  • 高橋胡桃
  • (左から)高橋胡桃と佐藤優香
  • (左から)高橋胡桃と佐藤優香