社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡・土曜法廷
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
「バカあんちゃん」の豪快人生…「タッチ」作者実兄
故安達勉氏、赤塚不二夫氏師事「増刊号の星」とうたわれ

師匠の赤塚不二夫氏(右)の隣で、シェーのポーズをする安達勉氏
師匠の赤塚不二夫氏(右)の隣で、シェーのポーズをする安達勉氏
 先月18日、胃がんのため、元天才マンガ家がひっそりと、この世を去った。安達勉(あだち・つとむ)氏、享年56。野球マンガの名作『タッチ』で知られるあだち充(みつる)氏(53)の実兄で、本人もデビュー当時、「ギャグマンガ界の新星」と将来を嘱望された。師匠の赤塚不二夫氏(68)譲りの大酒飲み、ドンチャン騒ぎ好きで、「バカあんちゃん」と親しまれた男の人生は−。

 「兄がいなかったら今の自分はない。(地元の)群馬から大海へ出るための水先案内人をしてくれた」。かつて充氏は、こう話していた。

 昭和22年8月、群馬県生まれ。高校2年生のとき、貸本向けのマンガでデビュー。上京後、広告会社などを経て第1回少年ジャンプ新人賞(43年)に入賞した。その後、各誌から読み切りを依頼され、「増刊号の星」と呼ばれた。代表作は、ギャグマンガの『タマガワ君』(週刊少年サンデー連載)など。

充氏が描いた「バカあんちゃん」の似顔絵
充氏が描いた「バカあんちゃん」の似顔絵
 弟の充氏は19歳のとき、レースマンガ『消えた爆音』(デラックス少年サンデー12月号)でデビュー。「みっちゃん(充氏)は固い職業が合っている」と反対する家族を説き伏せ、強引に東京に連れ出したのが勉氏だった。このとき、同誌の巻頭カラーが勉氏の新連載『あばれ!! 半平太参上』。当時は弟より兄が売れっ子だったのだ。

 勉氏は、まもなく赤塚氏に「チーフアシスタントなってくれ」と誘われる。当時は『天才バカボン』『もーれつア太郎』など赤塚マンガの全盛期。勉氏は「バカボン」を担当した。師匠と一緒で、「飲む、打つ、買う」すべて揃った遊びっぷりは豪快だった。本人も「先生やタモリと一緒のバカ騒ぎが楽しかった」と振り返っていた。

 ただ、マンガへの熱意はなくし、マージャン荘で「ヤクザもんと打ち歩いた」ことも…。数年前には立川談志師匠率いる立川流に入門を許され、「立川雀鬼」を襲名。

 赤塚氏はエッセーで「存在そのものがギャグみたいな男で憎めない。付いた師匠が悪かったわけではない、と思う。断言はできないけれど…」と記している。

 幸子(さちこ)夫人(33)によると、一昨年暮れから、「胃が痛い」と訴え、近くの医院で胃潰瘍(かいよう)と診断されたが、体調は悪化する一方。昨春、大学病院で診察してもらったところ、がんが見つかった。切除手術はできず、抗がん剤などの治療を続けた。亡くなる直前まで「夏には大好きなゴルフをしたい」と話していた。

 「他人に気を遣う人で、入院するときも『充は忙しいんだから、来なくていいと言え』と話してました」(幸子夫人)

 赤塚氏とあだち兄弟を担当した元少年サンデーの名物編集者、武居俊樹氏(62)は「赤塚先生が勉に目をつけたのは、とにかく絵がうまかったから。一緒によく遊んで楽しかった。充も覚悟していたと思うが、早過ぎるよ」と惜しんだ。

ZAKZAK 2004/07/03

マーロン・ブランド晩年の悩み…80歳で死去(07/03)
「バカあんちゃん」の豪快人生…「タッチ」作者実兄(07/03)
宮本真希、大胆ランジェリー姿にドキ!(07/03)
“まぁんまるバスト”炸裂…松原渓、胆に誘惑(07/03)
窪塚「今後」カギ握る?“肝っ玉”のんちゃん(07/03)
MIKAKO、癒しムードのシャンソン好評(07/03)
稲川怪談、今年も出たぁ〜…現代の夏の風物詩(07/03)
月9「東京湾景」のプロデューサーは脚本兼任(07/03)
フェイ・ウォン“中流”攻勢…“韓流”で日本還流(07/03)
“米寿”迎えて市川崑、メガホン快調(07/03)