社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡・土曜法廷
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
ヤマト“ブラックホール”突入?映画復活の波紋
著作権保有の東北新社「許諾してない」


 ヤマトの航路に再び暗黒星雲!? 再来年夏に新作が劇場公開されることが決まったアニメの名作「宇宙戦艦ヤマト」の復活が波紋を広げている。今回の復活は、原作者の漫画家・松本零士氏(=写真)と前作の西崎義展プロデューサー=銃刀法違反で服役中=との著作者をめぐるバトルが一応の和解したことで、西崎氏側が“発進”を決めた。だが、松本氏はもちろん、映画の著作権を保有している映像会社の東北新社も了解していないことが判明。話は壮大ながら、難しいかじ取りを迫られているのだが…。

 「従来のヤマトとは似て非なるもの。森ユキは死んで出てきませんが、娘が登場します。新しいキャラクターもたくさんいる」

 こう話すのは、「新・宇宙戦艦ヤマト 復活編」を製作するエナジオ(東京都港区北青山)の西崎彰司エグゼクティブ・プロデューサー。

 彰司氏は、西崎プロデューサーの養子。西崎受刑者は以前に「宇宙戦艦ヤマト復活編」と題し、基本構成を作成しており、「新…」はこれを元にしたという。

 舞台は西暦2222年。半年後、地球が滝状の移動ブラックホールに呑み込まれることが判明。全人類が2万7000光年離れた惑星に移住を決意する。移民船団が付近の惑星を支配する星から攻撃を受け、古代進艦長率いるヤマトが戦う−というストーリー。

 映画は25億円の製作費で、再来年夏に約400館で公開、テレビ放映もするという。配給会社やテレビ局は未定だが、「候補はいくつかあがっている」(彰司氏)。

 脚本は「名の通った人」を含め数人の脚本家に依頼中。「ハリウッドにも頼んでいる」といい、原作者の松本氏についても、彰司氏は「何らかの形で参加する」と話す。

 ところが当の松本氏は「何も知りません」というのだ。

 松本氏と西崎受刑者といえば、アニメのヤマトの著作者をめぐり対立し、裁判に発展。昨年、双方が訴えを取り下げ和解。西崎受刑者は映画を製作、松本氏は総設定、デザイン、美術などに著作権をもつ共同著作者とする和解書を交わした。

 今回の「復活編」は、和解書の中で「それぞれ別途に(ヤマトに関する映画を)製作し公開する予定であることを確認する」としたのを根拠に、「和解を受けて製作を決めた」と彰司氏。

 松本氏も「映画を“作る”ことは自由」と認めたうえで、「絵画の著作権は私にあり、キャラクターも私が生み出した。新しい映画には『絵画・美術は松本』と明記しなければならない。それに移動性ブラックホールを持ち出したのは私の発想。私を抜きでは作れない」と異議を唱える。

 また、松本氏以上に困惑を隠せないのが、東北新社。同社は8年、西崎受刑者から「ヤマト」の著作権を譲り受け、著作権登録も行っている。

 今回の件について、同社広報室は「先方との話し合いに入ったところだが、クリアしなければならない点が少なからずあり、そういう意味で現時点では許諾していない」と説明する。

 また、ある映画関係者は、この構想そのものに首を傾げる。「昔は、何も決まっていなくても話をブチ上げて資金を集めるということもあったが、今はそんなことは不可能。400館も公開できる配給会社はないし、アニメは通常、何年もかけて製作する。公開まで2年とは、実写でもそれくらいかかるのにできるのか」。

 ヤマトよ、どこへ−。

ZAKZAK 2004/07/24

綾瀬はるか「少し大人になった私」水着姿にドキッ(07/24)
葵・15歳華開く…クラリオンガールグランプリ(07/24)
クロでシロで業界まっ青…NHK制作費着服“激震”(07/24)
ヌードCMでガ然注目…多彩で多才、黒谷友香(07/24)
第2の広末にはなるまい…大学生タレントの通信簿(07/24)
ヤマト“ブラックホール”突入?映画復活の波紋(07/24)
ラウドネス、シティーホテルで過激にライブ(07/24)
安上がり人材も豊富、お笑いが音楽業界の“活路”(07/24)
えっホント!おもしろ知識満載CD「トリビア」(07/24)
「みどりの会議」解散…中村敦夫氏引退受け(07/24)