社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
芸能人“マンションPR進出”のワケ
CM、広告…施設プロデュースまで

とよた真帆と中島はるみ(左から)
とよた真帆と中島はるみ(左から)
 女優のとよた真帆(37)と人気モデルの中島はるみ(40)が、東京・世田谷に建設されるマンションのモデルルームインテリアなどを手がけ、先ごろ発表会見でPRした。激戦の新築マンション販売業界で、PRに芸能人が登場するケースが目立っている。起用する側される側、確かに効果はあるようで−。

 とよたらが登場したのは積水ハウスなど4社が手がけた大規模マンション「東京テラス」の記者発表。画家としても活動するとよたは、自身の作品を展示、主婦に人気の中島が小物などをディスプレーした。

 「ナチュラルでモダンなライフスタイルに似合う人」として起用され、「お客さまに、より親近感を持っていただけるはず」と関係者。とよたも中島も「住みたい! マケてくれないかな」と、親近感を持たせるに十分な盛り上がりだった。

最近では、こうしたマンション施設プロデュースや、CM・広告などに芸能人らが続々登場。住宅情報誌編集者も「マンション販売市場は激戦で消費者にヨソと同じように見えないような特徴づけが必要。タレントのイメージを借り、アピールするのも手です。大規模マンション開発が増え、予算も増えたので起用しやすくもなった」と、その傾向を認める。

松雪泰子
   たとえば女優の松雪泰子=写真左=の場合は「将来性のある地域のイメージを打ち出しており、都会的、アクティブで男性にも女性にも支持があるのでお願いしました」(東京フロントコート)。

 市川團十郎、海老蔵の場合は「大名屋敷の跡地で由緒と伝統のある土地なので歌舞伎の市川さん父子に。お客さまもこの起用で、伝統イメージに納得していただいています」(プラウド駒込)。俳優の竹中直人が共用施設デザインをプロデュースしたマンションでは「お客さんからも『竹中さんのですよね』と言われるなど、集客効果はあったと思います」。

 ライオンズマンションCMの松田聖子母娘のように、「マンションのイメージで、タレント側のイメージも強化されるなど、双方にメリットがある」(広告代理店社員)という効果もある。

ZAKZAK 2004/10/23

読んでヨシ!?「電車男」快速発進!(10/23)
ヨン様も泣いている!?日本人冬ソナ客の不様(10/23)
ショーケン逮捕…バイクと衝突!(10/23)
芸能人“マンションPR進出”のワケ(10/23)
八嶋智人“引退宣言”どうなった(10/23)
映画「2046」近未来を行きつ戻りつ…(10/23)
贅沢だったおニャン子時代…国生さゆり(1)(10/23)
「できません」とは言えません…国生さゆり(2)(10/23)
元夫とは泊まり合う仲…国生さゆり(3)(10/23)
白い肌全開…田中いちえ、初DVD (10/23)
カンニング「ヘイ・ユウ・ブルース」カバー(10/23)
自信アリ…上川隆也、「最後の忠臣蔵」 主演(10/23)
ちょっと背伸びの“おはガール”…藤森麻由(10/23)