社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
長澤まさみ“未来の女王”へ期待ゾクゾク
05イチ押しスター(2)

長澤まさみ
 昨年、「冬のソナタ」とともに純愛ブームを巻き起こした映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の白血病のヒロイン役で大ブレークした。暮れにリリースされたそのDVDは出荷枚数を予約だけで超え、長澤個人のカレンダーも目標の20万部に迫る売れゆき。

 一方、無名音楽ユニットの初回出荷1000枚というCDのプロモーションビデオに出演すれば3万枚突破のヒットに。有線で長澤のセリフが入る別バージョンが流れると「なぜCDにはセリフがないのか」の問い合わせも寄せられる人気。

 沢口靖子、野波麻帆らを輩出した「東宝シンデレラ」で、まさにシンデレラへの階段をのぼり始めたのは5年前。約3万5000人のなかから「原石から育てるコンセプト、ミレニアムで次世代を担う子」(所属事務所の東宝芸能)と歴代最年少の小学6年生でグランプリに選ばれた。

 その後、映画、ドラマなどで徐々に、だが着実に魅力を開花。「世界の…」に続く、昨年7月クールのTBS系ドラマ「逃亡者」では「圧倒的な存在感。勘が鋭く、きっぷのいい芝居をする。彼女を中心に世界がある、そんなオーラがある」(伊與田(いおだ)プロデューサー)と未来の“女王”への期待さえうかがわせる絶賛ぶり。

ドラマ「優しい時間」
ドラマ「優しい時間」
 今年も注目作がめじろ押し。13日スタートのドラマ「優しい時間」(フジテレビ系、木曜午後10時)は脚本家、倉本聰氏の15年ぶりの連ドラという話題作だが、製作発表会見で「梓(役名)を好きになれなかった」「(共演の二宮和也は)目が鋭くて怖い」とズバズバ。秋にはヒロイン・浅倉南役を務める、あだち充原作の映画「タッチ」も公開予定。

 「ふだんとテレビで見るのとでは全然違うといわれるよう。本人も演技を楽しんでいる。本番に強いんでしょう」と事務所。本人も、今年の抱負について「普通の毎日が送れたらいい。私は私一人しかいないので、私らしい女優になりたい」と語っている。

 ちなみに長澤の父親は元サッカー日本代表で、「ジュビロ磐田」初代監督としてJ昇格を決めた長澤和明氏。長澤まさみの“昇格”も決まり!

 ■ながさわ・まさみ 1987年6月3日、静岡県生まれ。2000年に「第5回東宝シンデレラ」グランプリに選ばれ、同年、映画「クロスファイア」でデビュー。2人兄妹。現在高校2年在学中。168センチ。

ZAKZAK 2005/01/08

海老沢お気に入り有働&膳場アナ恐々…後任だれだ?(01/08)
慎太郎「太陽の季節」モデル死去…「太陽族元祖会」会長(01/08)
吉本の笑いごとじゃない今後…新社長は番頭タイプ(01/08)
愛くるしい笑顔タマらない…大津あずさ(01/08)
温泉ブームで正月ハワイ低迷…取材陣も撤退?(01/08)
「ケータイCM」の夢かなえた新成人…佐藤めぐみ(01/08)
山田優、オジサンたちもトリコにしたいな…(01/08)
長澤まさみ“未来の女王”へ期待ゾクゾク(01/08)
木村カエラ、カリスマモデルよりも歌で!(01/08)
J・チェンら支援呼びかけ“中華スター”集合(01/08)
エロチックなイタリアアニメの快作「ファンタジア」(01/08)
神田紫女流講談師25年の魅力…初DVD発売(01/08)