社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
「気力で治すわ」最後まで気丈…中尊寺ゆつこさん
3度の手術、強い抗がん剤…連載も休まず

中尊寺ゆつこさん
 S状結腸がんのため、42歳の若さで亡くなった漫画家の中尊寺ゆつこさん=写真。3度の手術に加え、強い抗がん剤を服用するなど壮絶な闘病生活を送っていたが、中尊寺さんは病魔に負けることなく、「気力で治すワ」と最後まで気丈に振る舞っていたという。

 中尊寺さんが強い腹痛を訴えたのは昨年8月。すぐに横浜市内の病院へ救急車で運び込まれ、緊急手術を受けた。9月1日には、夫で音楽ジャーナリストの小林雅明さん(39)とともにがんの告知を受けたが、「気力で治すワ」と前向きに話していたという。

 その後、2度の手術とかなり強い抗がん剤が投与されたが、近親者以外には病気を隠し続けた。仕事のために入院中でもベッドの上で漫画やエッセーを書き続け、「仕事に集中していると痛みを忘れちゃう」と話すほどの気丈さだったという。また、調子の良いときは一時帰宅して仕事することもあり、月刊誌の連載も休まなかった。

 今春には2冊の著書を発売予定で、先月28日に初稿のゲラをチェックしたのが最後の仕事になった。

 容体が急変したのは亡くなった昨31日早朝。親族によると、長女(4)と長男(1)は母親の死を理解していない様子だという。

ZAKZAK 2005/02/01

マイケルVサイン登場…初公判白いシャツで潔白示す(02/01)
七之助広がる深酒のツケ…父・勘九郎もイベント自粛(02/01)
林家こん平復帰へ…こぶ平「正蔵襲名」の4月にも(02/01)
TV番組で紹介の盗聴被害者は“影武者”だった(02/01)
特番「NHKの再生をめざして」に意見540件(02/01)
みのもんたさんの父死去92歳…息子は複雑関係(02/01)
「気力で治すわ」最後まで気丈…中尊寺ゆつこさん(02/01)
躍動!浪速のコマネチ…新体操で国体元代表(02/01)
映画興収が新記録…「ハウル」など邦画好調(02/01)