社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
ジブリ独立、徳間書店から分離へ…「ハウル」で動く
譲渡額100〜150億円

連休中も大入りの「ハウル」((C)2004二馬力・「ハウルの動く城」製作委員会)
連休中も大入りの「ハウル」((C)2004二馬力・「ハウルの動く城」製作委員会)
 公開中の映画「ハウルの動く城」が大ヒット中で、アニメヒット映画作品で知られるスタジオジブリが今年春にも出版大手の徳間書店から分離、独立することが12日、分かった。新会社は宮崎駿監督らが経営陣となり、過去の名作を含む営業権を徳間書店から譲り受ける。“大政奉還”で、「新生ジブリ」としてさらなる飛躍を目指す。

 ジブリは現在、徳間書店の事業本部の一つ。本社は作品の制作拠点がある東京都小金井市に設置される予定だ。譲渡額は100億−150億円になる見込みだが、営業譲渡に必要な費用は、東宝、日本テレビ放送網、電通、博報堂DYグループなどに要請する方針。

 新会社は資本金1000万円。スタジオジブリ事業本部の鈴木敏夫本部長が社長となり、宮崎監督と高畑勲監督が取締役に就任する。ハイレベルのアニメ映画を世界に発信する拠点を目指し、アニメ制作者の育成なども行う予定だ。

 ジブリは昭和60年に徳間書店の子会社として設立したが、徳間書店の経営悪化で、平成9年に本体に吸収された。その後、「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」といった世界的な評価も高いヒット作を制作し、徳間書店の経営を屋台骨として支えていた。

 徳間書店は三井住友銀行の支援下で再建中だが、傘下の映画会社の大映やレコード会社の売却などの合理化を実施してきた。赤字経営が続いていた本業の出版事業は平成17年3月期に黒字に転換する見通しで、ジブリに頼らなくても自立できるメドがついたとして、ジブリ独立を認める環境が整った。

ZAKZAK 2005/02/12

ジブリ独立、徳間書店から分離へ…「ハウル」で動く(02/12)
欽ちゃんのど〜んと入ってみよう…閑古鳥温泉“救済”(02/12)
くのいチチ見参!!お色気忍法で倒された〜い(02/12)
「セールスマンの死」米劇作家A・ミラー氏死去(02/12)
安倍なつみ復帰会見も“怖さ”より“意欲”(02/12)
「ゴヤ」テーマの舞踊…小松原庸子東京公演(02/12)
サラ・ブライトマン東京でディナーショー(02/12)
ほろ苦くさっぱりした余韻「ビフォア・サンセット」(02/12)
樹里咲穂、9月退団…ダイナミックなダンス(02/12)
元F1右京、客員教授に…交通機械工学科で講義(02/12)
元ギリギリガールズ・もちづきる美「幸せ披露宴」 (02/12)
艶っぽ〜い!麻生久美子CMでりんごをガブリ!(02/12)
“ウソ”は息子に似てるかな…ひとりごと陣内孝則(1)(02/12)
監督やり役者のすごさ分かった…ひとりごと陣内孝則(2)(02/12)
芝居は最初おもしろくなかった…ひとりごと陣内孝則(3)(02/12)