社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
芝居は最初おもしろくなかった…ひとりごと陣内孝則(3)

陣内孝則
 芝居を始めたのは“食うため”です。『芸能界』っていう土俵に残るため。

 「ロッカーズ」解散後、ソロで売り出そうって言う話もあったんですが、石井聰亙監督が映画(爆裂都市)に使ってくれて、テレビでも売りこもうと…。芝居、最初は全然おもしろくなかったです。下手だし…。でも、これやめちゃったら芸能界に残れない。また、そこそこいい役もらうんですよ。

 レコードも出して、映画で主演もしてる。だから、中には「何だ、あいつ」みたいな目で見てくる人も。冷たいし、現場はつまらないし…。芝居に任せて思いきり殴ったりしてました(笑)。

 今は居心地いいです。みんながいいようにしてくれる。芝居が好きになったのは、ミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(1984年)に出演してから。暴走族でサディストの歯医者という役だったんですけど、お客さんが笑うし、舞台に出たら拍手してくれる。「あっ、これだ!」って思いましたね。舞台は解放感があった。もともとライブハウスでやってたからかなぁ。

 18歳のころに見た映画「ロッキーホラーショー」、あのイメージを引きずってたことはありますね。すごく感動して、雨の中、下宿まで濡れながら帰りました。でも気持ちはポカポカでね。

 4月にDVD出すんです。「博多ビートクラブ」っていう4人のドラマーが主役のライブに参加したときの。3曲カバー歌ってます。20人編成で石橋凌さんとか、(元チェッカーズの藤井)尚之とかもいる。若いころは「あいつらに負けるか」なんて思ってたけど、もうみんな角がとれてね。

 今、デビュー前の(競走)馬を半分持ってるんですけど…最初の馬は稼いだんですよ。早くやめたかったんだけど、収支プラスになってると、やめらんないっ!=おわり

ZAKZAK 2005/02/12

ジブリ独立、徳間書店から分離へ…「ハウル」で動く(02/12)
欽ちゃんのど〜んと入ってみよう…閑古鳥温泉“救済”(02/12)
くのいチチ見参!!お色気忍法で倒された〜い(02/12)
「セールスマンの死」米劇作家A・ミラー氏死去(02/12)
安倍なつみ復帰会見も“怖さ”より“意欲”(02/12)
「ゴヤ」テーマの舞踊…小松原庸子東京公演(02/12)
サラ・ブライトマン東京でディナーショー(02/12)
ほろ苦くさっぱりした余韻「ビフォア・サンセット」(02/12)
樹里咲穂、9月退団…ダイナミックなダンス(02/12)
元F1右京、客員教授に…交通機械工学科で講義(02/12)
元ギリギリガールズ・もちづきる美「幸せ披露宴」 (02/12)
艶っぽ〜い!麻生久美子CMでりんごをガブリ!(02/12)
“ウソ”は息子に似てるかな…ひとりごと陣内孝則(1)(02/12)
監督やり役者のすごさ分かった…ひとりごと陣内孝則(2)(02/12)
芝居は最初おもしろくなかった…ひとりごと陣内孝則(3)(02/12)