社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
60〜70年代ロック復権!ムックが次々発売
オトナが熱狂「ビートルズ、クイーンがきっかけ」

ビートルズ、レッド・ツェッペリン…かつてのロック少年の心をくすぐる雑誌が続々だ
ビートルズ、レッド・ツェッペリン…かつてのロック少年の心をくすぐる雑誌が続々だ
 このところ、ビートルズやクイーンなど60−70年代のロック最盛期のバンドに焦点を当てた雑誌が続々と発刊され、複数のアーティストの曲を集めたコンピアルバムも人気だ。今年は、ロックのルーツとされるビル・ヘイリーの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」リリースから50年の節目。なぜ今ロックが、これほど熱いのか…。

 昨年10月、同時期に来日したイーグルスを中心に、中高年に人気のロックバンドを特集した雑誌「大人のロック!」(日経BP出版センター、)が出た。特別号の予定が、予想以上の人気で、今月1日に第2号が出て、6月には第3号発行も決まった。

 2月25日には、クイーンやレッド・ツェッペリンを特集した「アエラ・イン・ロック」(朝日新聞社)が臨時増刊としては異例の10万冊に迫る売れ行き。また、今月1日には、30巻シリーズの「Rock In Golden Age」(講談社)も創刊号でビートルズを特集してスタート。

 CDでも、黄金期のロック、ロックンロールアーティストの作品を集めたコンピアルバム「ロックヒッツ」、「グッデイズ〜ロックンロール50」(ともにユニバーサル)がリリース。「コンピは3万枚売れればヒットだが、それぞれ10万枚、8万枚と大ヒット」(制作担当者)という具合だ。

 こうした現象について関係者は、「90年代のロック低迷期が過ぎ、4年前くらいに車のCMでエリック・クラプトンの曲が起用されてきたころから再び脚光を浴びている」(大人のロック担当者)。「昨年のビートルズとクイーンのアルバムのヒットが再ブームに火をつけた」(Rock In−担当者)と分析。

 また、アエラ・イン・ロックの編集者は、「中高年は若い人に比べ、マニアが多い。コレクター心をくすぐる記念雑誌を待ち望んでいた」と企画のねらいを話す。

 昨年、英国ではクイーンの再来と言われるNY出身5人組ロックバンド「シザー・シスターズ」のデビューアルバムが200万枚と同年の最大セールスを記録。本家クイーンやエリック・クラプトンが参加するクリームも再結成されるなど、ロックの人気再燃は世界的現象なのだ。

ZAKZAK 2005/03/17

MEGUMIトークショー…撮られる“苦労話”も(03/17)
林家こぶ平改め九代目林家正蔵、襲名披露パーティー(03/17)
あややドキドキ「香りかぐや姫」…焼きそばCM(03/17)
ツタンカーメン眠りから覚める…「ブロード…」で(03/17)
渡辺謙2審も“勝訴”…離婚裁判、夫人の控訴棄却 (03/17)
チェ・ジウが5変化−大胆な素肌カットにも挑戦 (03/17)
下垣真希、平和へ願い込め「長崎の鐘」歌い続ける(03/17)
60〜70年代ロック復権!ムックが次々発売(03/17)
珠緒“こち亀”で“ブリッ子アイドル歌手”(03/17)
川村ゆきえ“超悶絶”ジューシーボディー限界ギリギリ(03/17)
ハウル全米で6月公開…ローレン・バコールら声優(03/17)
R・ブレーク無罪…「妻殺害」の米俳優“証拠不十分”(03/17)
71歳ラリー・キング氏、CNNと新たに4年契約(03/17)
CGでヒット、「スキージャンプ・ペア」映画化(03/17)
日本ヘラルドを子会社に…角川HD、映像事業強化(03/17)