社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
TBS視聴率テレ朝に抜かれ、みのでズバッと元気…
フジは12年ぶり3冠

みのもんたの朝ズバッ!
 このほど、04年度のテレビ各局の視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)がまとまった。フジテレビが全日(午前6時−翌午前0時)が9.3%で、ゴールデン(午後7−10時)、プライム(午後7−11時)−と合わせて12年ぶりに3冠を奪還。全日は、2位日本テレビ(9.2%)、3位テレビ朝日(7.8%)という結果。開局以来最高の数字で34年ぶりにベスト3のテレ朝の躍進の一方、TBSに元気がない。この4月のスタートダッシュで名門の座奪取を目指す。

 TBSはゴールデン、プライムではテレ朝を抑えたが、全日では7.5%でわずかに追いつかず、NHKをも下回った。

 TBS宣伝部幹部は「ここ数年、プライム以外の時間帯は非常に弱い。しかし、ゴールデンとプライムは勝っている。朝から夜まですべての時間帯で、よい番組を作りたいが、全部に120%の力を出すのは難しい。夜はまだ戦えているという認識です」と話す。

 その起爆剤として期待されるのが、先月28日スタートしたみのもんた(60)司会の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(月−金、午前5時30分、写真)。

 「“元気なおじさん”のイメージを押し出したい。みのさんの力を借り、朝から元気良く番組を立ち上げたい!」(石川真実編成局長)。同時スタートの「きょう発プラス!」(月−金、午前10時50分)、「イブニング・ファイブ」(月−金、午後4時54分)とともに、「3番組を強化するために動いてきた。ベルト強化がTBSの改善点」(同幹部)という。

 しかし、先週7日までを見ると、3番組の視聴率は若干落ち気味だ。

 作家、麻生千晶さんは「TBSはやることがズレている。朝からギトギトしたみのさんでは…。旬を過ぎた久保純子さんやよそで目立った人ばかり連れてくる。一方で筑紫(哲也)さんにいつまでも頼る。テレビ局はもっと幅広い発想が必要。かつてのTBSは東大卒をよく採用し、個性豊かな人材を採らなかった。その人たちが今幹部になって、新しいことでコケるのが怖いのでは…」と厳しい。また、現場でも、「最近のTBSは、ドラマ収録の時もピリピリした雰囲気」(芸能プロ関係者)との評判が聞こえる。

 同局は水曜日に視聴率が2ケタに達する番組がまったくない時がある。「水曜夜は野球やサッカーなどで、なかなかレギュラーが定着しなかった。今年は、午後7時から毎週特番にして楽しめる番組を考えている…」(宣伝部幹部)

 今後のTBS、どんな一撃を見せるか期待だ。

ZAKZAK 2005/04/11

青木さやか“過激”写真集…「どこ見て〜」が一転(04/11)
三遊亭円楽27年ぶり高座へ…新宿末広亭に出演(04/11)
名高達男、髪をバッサリ…ミュージカルで役に合わせ(04/11)
和希沙也“あしたのあたし”は「一番素っぽい」(04/11)
山崎まさよし、ウルウル…思い出に地“凱旋”(04/11)
ボリショイ劇場、08年まで閉鎖…修復工事で(04/11)
飯島直子ドロドロ恋愛劇「内館ドラマ出たかった」(04/11)
千葉しおり迫力ボディー…泡風呂の入浴シーンで(04/11)
TBS視聴率テレ朝に抜かれ、みのでズバッと元気…(04/11)
「新生NHK」訴える番組相次いで放送(04/11)