社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
リメーク頼りTBSカラ回り「赤いシリーズ」も苦戦
今期ドラマも1ケタ台ウロウロ

「赤い疑惑」
 山口百恵らの主演で、70年代に大ヒットしたTBS系ドラマ「赤いシリーズ」がリメークされている。TBSは「放送50周年企画」として、中でも百恵主演で人気を博した「赤い疑惑」「赤い衝撃」「赤い運命」をそれぞれ、石原さとみ(18)、深田恭子(22)、綾瀬はるか(20)主演で復活。「赤い疑惑」は29日放送分で結末を迎える=写真。しかし、その視聴率が思わしくないのだ。

 「赤い疑惑」は、74年の放送当時、全29話の平均視聴率が23.4%、最高も30.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)という人気ドラマだった。今回は、15日放送の初回が16.5%で、同時間帯のフジテレビ系バラエティー「トリビアの泉」に次ぐ2位だったが、22日は12.2%と4.3ポイントも下落。

 ヒロインの石原は「山口百恵に似ている」とも言われたが、似せるためか化粧が顔から浮いているように映るなど、70年代の雰囲気を出しすぎた感も。この数字では、TBSとしては満足できないだろう。

 TBSは、昨年度の視聴率で全日(午前6時−翌日午前0時)でテレビ朝日に抜かれるなど苦戦が続く。ドラマが全般に不振な昨今、今期ドラマは全般には好発進したものが多いが、視聴率1ケタ台をうろついたのがTBSの「夢で逢いましょう」と「汚(けが)れた舌」。最終回はなんとか2ケタ超えたが、これも辛うじて。「汚れた−」に至っては、低迷するプロ野球巨人戦と大同小異だ。

 こうした状況を跳ね返そうと、過去のヒットに頼る傾向が見られる。

 昨年7月、同局が製作協力し、純愛ブームを巻き起こしたヒット映画「世界の中心で、愛をさけぶ」をドラマ化して放送。全11回の平均視聴率は15.9%と合格水準に達したのに気をよくしたのか、今年も7月から、やはりヒットした純愛映画「いま、会いにゆきます」をドラマ化する。

 ヒット映画を原作にすれば、ある程度の数字は計算できるだろうが、こうしたことを続けていては、ドラマの制作力が落ちかねない。

 先に発表されたPTA全国協議会による「保護者が子供に見せたい番組」のトップ10にはTBSから最多4番組が入った。ただ、10位内でドラマは1つ、同局の「3年B組金八先生」だった。

 今、「金八」の教えが必要なのかもしれない。

ZAKZAK 2005/06/29

美咲はメル友、年下チェンとすっかり仲良し(06/29)
ハセキョー女教師…「ドラゴン桜」で東大目指す!?(06/29)
「トイレへ行っトイレ」ガッツ石松が“一日除菌隊長”(06/29)
声優側の勝訴確定…アニメのビデオ化、音声2次使用料(06/29)
松村達雄さんお別れの会、弔辞を三國連太郎、十朱幸代(06/29)
NHKお天気キャスター平井さん、埼玉県教育委員に(06/29)
ダイエーイメージアップ…CEO、自らCM出演(06/29)
朝ドラ「わかば」舞台化、仁科亜希子に“いい人”?(06/29)
悩殺しちゃう…安藤成子、小さめビキニで頑張りました!(06/29)
元巨人クロマティ公開予定映画に怒(06/29)
リメーク頼りTBSカラ回り「赤いシリーズ」も苦戦(06/29)