社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
あの武富士ダンサーズ復活…さらにハードに今夏登場
TRF監修の新作シネアドをスクープ

武富士ダンサーズ
 「ダンス」と言えば、誰もが思い起こすあの日本一有名なダンスが今夏に復活することが、4日までの夕刊フジの調べで分かった。“新生”バージョンのダンスには、振り付けも日本一のダンスユニットが監修するという。ウワサを聞きつけた夕刊フジは、復活現場への潜入に成功した=写真

 場所は千葉市の幕張メッセ。その一角で、撮影ライトで照らされた空間を発見。恐る恐る近づくと、「♪レッツゴー!! ウォンチュ・テイッマイハンッ…」。聞こえてくるのは、あの有名なメロディー。「武富士」のCMに使われていた曲だ!!

 撮影機材に囲まれたなかではダンサー15人が踊り続けている。黒のホットパンツ姿で踊る姿はまさに、武富士ダンサーズ。前回とはだいぶ違ってハードなダンスの印象を受ける。

 それもそのはず、ダンスの振り付け指導に出てきた長身の男性をよく見たら、なんとサム!! 隣にはチハルやエツもいる。どうやら、ダンスユニット「TRF」が、監修をしているらしい。

 CM登場以来、度肝を抜くインパクトで話題をさらってきた武富士ダンサーズだったが、平成15年12月以来、CMを自粛したことで姿を現していなかったハズ。

 ここはさっそく真偽のほどを武富士に確かめてみた。「はい、確かに復活に向け動き出しています」。同社宣伝部は、事実をアッサリと認めた。「お客さまや多くの方から、もう一度見たいという強い希望がありました。TRFさんに監修してもらうことで非常に高いレベルのダンスとなりました」(宣伝部)という。

 今回復活した“新生”武富士ダンサーズは、テレビCMではなく、映画の本編前に流すCM「シネアド」で再デビューを果たすという。さらにダンサー個人のプロフィルなど詳しい情報も、武富士ダンサーズのホームページ(http://www.dance−ch.tv)で公開していく予定だそう。

 ルックスにも力を入れたダンサーのスピーディーでクールな踊りで、パワーアップして復活した“新生”武富士ダンサーズ。今夏の大きな話題になることは間違いなさそうだ。

ZAKZAK 2005/07/04

チェ・ジウ、日本連ドラ初主演…ギャラ安かった?(07/04)
「電車男」美咲エルメスが電車に…週に一度だけアレ(07/04)
“美少女”須藤温子、うれし恥ずかしまわし姿に(07/04)
無名塾俳優がお手柄…悲鳴で駆け付け強盗を捕まえる(07/04)
グラビア界の“BIG3”集結!熊田曜子ら写真集PR(07/04)
“プロデューサー”石井竜也がライブで熱唱…愛知万博(07/04)
フォー・トップスのレナルド・ベンソン氏が死去、69歳(07/04)
巨泉、胃がん手術していた…先月22日「極秘裏に」(07/04)
あの武富士ダンサーズ復活…さらにハードに今夏登場(07/04)
視聴率「ミスター効果」は…瞬間最高18.3%(07/04)
セクシービーム…西野翔&さくらみいながデビュー(07/04)
A・ラトゥアーダ監督死去…“過激”性表現が糾弾対象に(07/04)
寺尾聰、柴田恭兵“初共演”−テレ朝系ドラマ(07/04)