社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
エイベックス松浦社長謝罪も批判沈静化せず
2ちゃんねる「のまネコ」騒動

エイベックス・松浦社長
 ネコのキャラクター「のまネコ」をエイベックス・ホールディングスが商標登録したことなどから、インターネット掲示板「2ちゃんねる」で批判が集中、同社の松浦勝人社長(41)らに対する殺害予告まで書き込まれるなどの騒動になっていたが、松浦社長が6日、会員制サイトで「われわれの考えが甘かった。そこは素直に謝罪します」と謝罪を表明した。しかし、2ちゃんねるでは相変わらず同社に対する非難が渦巻いている。

 2ちゃんねるなどネットの世界で自然発生的に生まれたネコのアスキーアート「モナー」と、ヒット曲「恋のマイアヒ」に登場し、同社が7月に商標登録して関連グッズなどを売り出している「のまネコ」(図柄商標は取り下げ)が酷似していることで発生した今回の騒動。松浦社長が謝罪をしたのは会員制サイト「mixi」の自分のコーナーだった。

のまネコをめぐる騒動に終止符を打ちたい松浦社長(顔写真)だが…
のまネコをめぐる騒動に終止符を打ちたい松浦社長(顔写真)だが…
 書き込みで松浦氏は、「アスキーアート(絵文字)にそれほどの文化と皆様の支持があることは2チャンネルを見ない私にはまったくわかりませんでした」と“告白”。

 そのうえで「むしろ2チャンから派生したキャラクターが有名になっていくことに2チャンの方々が喜んでくれるのではとも思っていました。われわれの考えが甘かったのかもしれません。そこは素直に謝罪します」とした。

 その一方、松浦社長らに対する殺害予告の書き込みが出た事について、「匿名にのっとって普段いえないことを言っている人たち、そして殺人などという反社会的書き込みをする人たちに非があると思います」と非難している。

 松浦社長としては謝罪によって騒動の沈静化を図りたいようだが、2ちゃんねる上では「登録してない人間には見ることができないサイトで『私人として謝罪』したって説得力ゼロ」などと非難は収まっていない。

ZAKZAK 2005/10/07

懲りないNHK、海老沢側近天下り…辞任の3人(10/07)
エイベックス松浦社長謝罪も批判沈静化せず(10/07)
女の子も楽しめる?「マリン」でGO、GO!(10/07)
消えるセルDVD「48」…お手軽&利便性がウリ(10/07)
三津谷葉子が映画初主演…濡れ場もたっぷり(10/07)
くりぃむ有田「上田の兄と新コンビ組みます」(10/07)
大泉逸郎「骨髄バンク支援」チャリティーコンサート(10/07)
ヨン様主演作など上映へ…日本からはV6森田ら参加(10/07)