社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
高座に上がれるのが幸せ、守りに入らない…柳家花緑

柳家花緑  本業の落語以外でも、ドラマや舞台、教育番組への出演と幅広く活躍する柳家花緑(34)=写真。12月9日開催の「第1回夕刊フジ平成特選寄席」(午後7時、東京都港区、赤坂区民センターホール)出演の中でも最も売れている一人だろう。

 9歳で落語をはじめ、22歳で真打ちに。落語界に確かなポジションを築いているが、「意識的に守りに入らないようにしている」と自分に言い聞かせる。

 その、大きな目標は「お客さんに喜んでもらうこと」。「頼まれごとは断らない」と忙しく仕事を丁寧にこなす。

 意識して、ゆっくりと一人で考える時間を持つようにしている。寝る前に瞑想の時間を持つ。心が静かになって、聞こえてくる言葉もある。

 最近は師匠で祖父の故・柳家小さんのDVDを見ることが多い。

 「(小さんの)高座を横から見ていた。それをDVDで正面から見て分かったことも多い」。そして、「落語のうまさって何だろう」と考える。

 「らしさを出す」というのは小さんがよく言っていた言葉だが−。

 「それをやるのは難しい。師匠は芝居がうまかったですね」。演劇をやって、また落語が新たに見えてきた部分もあるのだろう。

 「今、高座に上がれるのが幸せ」とはっきり口に出す。そう素直に言える落語家がどれだけいるか。花緑落語は変わりつつある。

 「第1回夕刊フジ平成特選寄席」の問い合わせはTEL03・3275・8895。

ZAKZAK 2005/11/22

松平健、増毛技術の“ヅラ”ひげ披露(11/22)
伝説のロック歌手レオン・ラッセル9年ぶり来日公演(11/22)
来年のイメージガール発表!も……水着姿のPRなし(11/22)
中村繁之、5年目の破局…「俳優道に精進したい」(11/22)
EXILEと氷川きよしが栄冠…賞シーズンスタート(11/22)
2年前の映像気付かず放送…NHK熊本、番組で謝罪(11/22)
高座に上がれるのが幸せ、守りに入らない…柳家花緑(11/22)