社会
芸能
ZAK THE QUEEN
スポーツ
経済
キレイと元気
ぴいぷる
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
やんちゃ娘とアキバ系、女子レスラーコンビW写真集

ZAKZAKを訪れた市井(右)と春日。“割符”を合わせてPR
ZAKZAKを訪れた市井(右)と春日。“割符”を合わせてPR
 女子プロレスでユニットを組む対照的な2人が“おそろい”の写真集を出して、ファンの間で話題になっている。

 04年10月に旗揚げしたインディ団体「我闘姑娘(がとうくーにゃん)」で活躍する市井舞(いちい・まい=25)と春日萌花(はるひ・もえか=21)。「ユニット」といってもその実体は、コワもてキャラの市井が可憐イメージの春日を“従えた”もので名前は「舞組」。昨年入団の“新人”早乙女未来(19)を“配下”に入り今は3人組だ。早乙女はアイドルからの転身。ZAKZAKの「ZAK The Queen」にも登場した。

 “アネキ分”市井の写真集は「Spirits!」(日本スポーツ出版社、2940円)、春日のは「Dreamin’」(同)。撮影は2人一緒にバリ島で。それぞれの表紙はツーショットを分割したもので、2冊並べると1枚の写真と分かる“割符”のようになっている。いずれも「イメージ&メーキング」のDVDが付属。お互いに撮影し合った映像も収録されていて、相手に対する“見方”も分かる?

市井舞
市井舞
 ともに写真集は初体験。「スリーサイズは不明」という市井は「撮影のときは頑張らないいけない思って、いっぱいいっぱいだった」と“格闘”ぶりを振り返る。そのかいあって「いい写真」と満足する出来栄えに。リングでの“勇姿”からは想像できないキュートさに、周囲からは「別人のようだ」と言われ、市井自身も「自分の知らない自分に気付いた」とはにかんだ。

 その市井に「最弱レスラー」と言われる春日。「撮影は楽しかった」と、市井とは対照的に“余裕”をみせる。デビュー以来未勝利のトホホなファイトが続いているが、団体の広報も務めるしっかり者の一方、メード姿が似合う“アキバ系”キャラも併せ持つ。高校3年生のときに友人に誘われた観戦で女子プロレスファンに。高じて「体育が苦手だった」のにレスラーになった。試合では報われてないが相当鍛えているようで、水着姿で見える腹筋はなかなか見事だ。

春日萌花
春日萌花
 「我闘姑娘」は、小学生と母親の“母子レスラー”、中・高生レスラー、アイドルレスラーがいる「日本初の団体」。春日は昨年夏、小学生にも黒星を喫した。

 脱“女子プロ界のハルウララ”を図る春日の今年初戦は28日、「格闘美」の風香と組むタッグマッチ。東京・江東区の新木場ファーストリングで午後1時からで、会場では2人の写真集も販売される。

 「我闘姑娘」今年の開幕は2月12日。「プロレス少女たちの野望Vol.1」と題して、東京・板橋グリーンホールで午後零時半にゴング。

【関連記事】
・早乙女未来、ボクシングで鍛えたボディー魅せるワ
・早乙女未来、ZAKZAK THE QUEEN 2004
・スクール水着で“格闘美”…レスラー風香、初写真集

ZAKZAK 2006/01/19

叶姉妹、3Pのススメ「ペニスには気持ちある」(01/19)
レトロがお似アイ…三つ編みセーラー服の高部あい(01/19)
ベストジャージスト若槻千夏「ジャージーは人生」(01/19)
モト冬樹“偽装”スキンヘッド「剃れば…」(01/19)
年齢制限ないもん!真央、テレビCMに初出演(01/19)
ホリエモン出演、故郷のたこやきCM打ち切りません(01/19)
NHK「受信料支払い特典」本格実施…公開番組観覧(01/19)
作家・辺見庸さんが退院…昨年12月に結腸がん手術(01/19)
犯罪からの自衛教える…セコムなどがアニメ番組製作(01/19)
吉川ひなの、ヒルズは遠い!?ホリエモンとラブラブ(01/19)
やんちゃ娘とアキバ系、女子レスラーコンビW写真集(01/19)
あいはら友子「赤富士」でドカンと開運(01/19)
外部からNHK役員起用も…経営委員会が検討中(01/19)
仏映画、国外売り上げ増「日本は鍵となる市場」(01/19)